手動マージと自動マージの違い

手動マージは管理者の操作により実行しますが、自動マージは、あらかじめ設定されたルールに基づいて、新規申込のタイミングで自動的にマージを行います。

以下に手動マージと自動マージの主な違いを示します。

手動マージ 自動マージ

対象とするリードデータの数

2~10

2

マージ後に残るリード(採用されるリードID)

選択したマスターレコード

既存のリード

マージ後に残る項目の値

手動で選択

原則として新規申込データが上書きとなるがマージ設定で変更可能

マージされるタイミング

管理画面からの管理者による操作

リードによる申し込み

※手動マージについて
リードの手動マージとは、管理者が管理画面からSMPに登録されている複数のリードをピックアップし、情報をマージして一人のリード情報にする機能です。マージ画面では、マスターレコードを選択し項目ごとに残す値を選択することができます。

image03.png

検索結果 ""

    検索結果がありません ""