機能概要

自動マージ機能は、リードの申し込みのタイミングで自動的にリードデータをマージする機能です。これにより、従来は手動でしかできなかったリードデータの完全な統合がより容易にできるようになります。

以下に本機能の利用例を示します。
自動マージを使用していない場合、あるリードがキャンペーン申込と、資料請求、問い合わせを行った場合、それぞれ個別のリードとしてSMPに登録されます。

image00.png

この状態ではそれぞれの履歴が別々のリードに紐付いてしまい、リードの統合管理が難しい状態となります。

しかし、自動マージを有効にした場合、申し込みごとに既存のリード情報に同一のものがあるか判定を行い、同一リードからの申込履歴や資料請求の履歴が一つのリードに集約されます。

image05.png

これにより、複数の申し込みを条件とする検索や、継続的な履歴の蓄積が可能となり、完全に統合されたリード管理が可能となります。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""