利用可能なパラメータ

ID連携機能では以下の個人情報がパラメータとして連携できます。
以下の中から連携したいものを選び、システム設定の「外部パラメータフィールド一覧」に指定します。

表 1. 利用可能なパラメータ一覧
項目 「外部パラメータフィールド一覧」で指定する場合のパラメータ POST 時のパラメータ 注意事項

ログインID

連携できません

ログインパスワード

連携できません

リードID

id

Public::Application::User_D__P__D_id

氏名:姓

name1

Public::Application::User_D__P__D_name1

氏名:名

name2

Public::Application::User_D__P__D_name2

氏名:ミドルネーム

name3

Public::Application::User_D__P__D_name3

氏名:姓フリガナ

name1_ka

Public::Application::User_D__P__D_name1_ka

氏名:名フリガナ

name2_ka

Public::Application::User_D__P__D_name2_ka

会社名

company_name

Public::Application::User_D__P__D_company_name

会社名(フリガナ)

company_name_ka

Public::Application::User_D__P__D_company_name_ka

部署

division

Public::Application::User_D__P__D_division

役職

position

Public::Application::User_D__P__D_position

郵便番号1

zip1

Public::Application::User_D__P__D_zip1

郵便番号2

zip2

Public::Application::User_D__P__D_zip2

郵便番号3

zip3

Public::Application::User_D__P__D_zip3

国名

country_master_id

Public::Application::User_D__P__D_country_master_id

※1

都道府県

prefecture_master_id

Public::Application::User_D__P__D_Prefecture_master_id

※1

住所1

address1

Public::Application::User_D__P__D_address1

住所2

address2

Public::Application::User_D__P__D_address2

住所3

address3

Public::Application::User_D__P__D_address3

住所4

address4

Public::Application::User_D__P__D_address4

住所5

address5

Public::Application::User_D__P__D_address5

電話番号

tel

Public::Application::User_D__P__D_tel

電話番号(内線番号)

sub_tel

Public::Application::User_D__P__D_sub_tel

ファックス番号

fax

Public::Application::User_D__P__D_fax

E-mailアドレス

email

Public::Application::User_D__P__D_email

E-mailアドレス(確認用)

email_conf

Public::Application::User_D__P__D_email_conf

E-mailアドレス予備

sub_email

Public::Application::User_D__P__D_sub_email

DM許可

permission_type_master_id

Public::Application::User_D__P__D_permission_type_master_id

リード追加項目

VisitorData.attribute

Public::Application::User_D__P__D_VisitorData.attribute

「テキスト型」、「テキストエリア型」、「数値型」のみサポートされます

※1:国名と県名の項目は選択肢文字列ではなく、選択肢のIDを暗号化した値を送信する必要があります。選択肢のIDを確認するためには、SMPの申込フォームでHTMLソースを表示し、選択肢(option)ごとの”value”の値をチェックします。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""