概要

データクレンジング機能とは

SHANON MARKETING PLATFORM(以降、SMP)のデータクレンジング機能は、SMPに登録されたデータの文字のゆらぎを統一し、データの標準化を行う機能になります。また、標準化されたデータから日々のリードナーチャリング活動に価値のある情報を算出し(例:役職ランク、職種カテゴリなど)、それを付加します。以下に本機能の利用例を示します。

標準化の例

表 1. 住所を半角から全角に統一する例
クレンジング前 クレンジング後

東京都港区赤坂1-1-1

東京都港区赤坂1-1-1

東京都港区赤坂2-2-2

東京都港区赤坂2-2-2

東京都港区赤坂3-3-3

東京都港区赤坂3-3-3

表 2. 電話番号を全角から半角に統一する例
クレンジング前 クレンジング後

03-1111-1111

03-1111-1111

03-2222-2222

03-2222-2222

03-3333-3333

03-3333-3333

データ付与の例

表 3. 役職から役職ランク値・役職ランク名を付与する例
クレンジング前 クレンジング後

役職

役職ランク値

役職ランク名

社長

0

社長、会長

取締役

1

役員、執行役員

監査役

2

監査役、顧問

表 4. 部署から職種カテゴリを付与する例
クレンジング前 クレンジング後

部署

職種(大分類)

職種(小分類)

営業部

営業、事務、企画系

各種営業、人材斡旋

出版部

クリエイティブ系

出版、印刷関連

化粧品部

素材、食品、医薬品技術者、福祉

化粧品、食品、香料関連

ルールセットと変換ルールについて

データクレンジングは「ルールセット」に登録された内容に従って実行されます。ルールセットは1つ以上の「変換ルール」によって構成されます。

例として「(株)シャノン」を「株式会社」「シャノン」のように法人格と会社名に分割するクレンジングを考えます。 この場合、次のように法人略称統一、半角⇒全角、法人名分割の変換ルールを順に適用することで実現できます。 この一連の変換ルールの適用内容をルールセットとして登録し、データクレンジングで使用します。

ルールセット:法人格と会社名を分割

表 5. 変換ルール1:法人略称統一
クレンジング前 クレンジング後

(株)シャノン

株式会社シャノン

表 6. 変換ルール2:半角⇒全角
クレンジング前 クレンジング後

株式会社シャノン

株式会社シャノン

表 7. 変換ルール3:法人名分割
クレンジング前 クレンジング後

株式会社シャノン

株式会社

シャノン

データクレンジングの実行について

データクレンジングは、参照元の値に対して変換ルールを通すことにより、データクレンジングされた値を反映先に反映します。データクレンジングは、下記2つの場合で実行されます。

  1. リードの申込時に自動で実行する場合

  2. 管理画面から対象のリードを指定して実行する場合

詳細は、実行手順を参考にしてください。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""