_cam コマンド 応用編

HTML中のリンクをクリックしたときに、トラッキングを発行したい場合

下記のように、sendコマンドを使ってHTML中のリンクをクリックしたときに、トラッキング情報をSMPに送ることができます。

【サンプル】

<!DOCTYPE html lang="ja">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<!-- SMP Tracking Tag Ver 3 -->
<script>
<!--
(function(n){
var w = window;
var d = document;
w['ShanonCAMObject'] = n;
w[n] = w[n] || function(){
(w[n].q=w[n].q||[]).push(arguments);
};
w[n].date = 1*new Date();
var e = d.createElement('script');
var t = d.getElementsByTagName('script')[0];
e.async = 1;
e.src = 'https://tracker.smartseminar.jp/static/js/cam3.js' + "?_=" + w[n].date;
t.parentNode.insertBefore(e,t);
})('_cam');
_cam('create', 'XXXXXXXXXXXXXX',['xxx.smktg.jp','www.newdomain.com']);
_cam("require", "crossLinker");
_cam("crossLinker:allLink", ['xxx.smktg.jp','www.newdomain.com']);
_cam('send');

// 1. DOMがロードされた後に処理する。
document.addEventListener("DOMContentLoaded", function(e){
  // 2. aタグのtrack_eventクラスを指定し、順次処理する。
  var a_list = document.querySelectorAll("a.track_event");
  for (var i = 0, len = a_list.length; i < len; i++) {
    var a = a_list[i];
    // 3. クリック時に、aタグ内のhrefの値、titleの値を指定し、
    // SMPにトラッキング情報をリクエストする。
    a.addEventListener("click", function(e) {
      var this_elm = e.target || e.srcElement;
      _cam('send', { "url": this_elm.href, "title": this_elm.title });
    });
  };
});
//-->
</script>
<title>リンククリック サンプルページ</title>
</head>
<body>
<p>
  リンククリック サンプルページページです。
</p>
<p>
  <a href="https://www.shanon.co.jp">シャノン ホームページ</a>
</p>
<p>
  <!-- href には、リンク先を絶対パスで記述してください。 -->
  <!-- title には、リンク先のタイトルを記述してください。 -->
  <a href="https://www.newdomain.com/sample1.pdf" class="track_event" title="資料1">PDF資料1</a>
</p>
<p>
  <a href="https://www.newdomain.com/sample2.pdf" class="track_event" title="資料2">PDF資料2</a>
</p>
</body>
</html>

※ 注意
上記コードは、あくまでサンプルコードです。
コメントのJavaScriptの処理を理解した上で、適宜コーディングしてください。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""