Google Tag Managerの設定

「トラッキングタグ」 の手順に従って作成したトラッキングタグをGoogle Tag Managerのカスタムタグとして設定します。以下、設定例です。ご自身のGoogle Tag Managerの環境に合わせて、SMPタグを設定してください。

アカウント・コンテナの設定

アカウント名、コンテナ名を設定後、「ウェブ」を選択後、「作成」ボタンをクリックします。

image12.png
図 1. アカウント・コンテナの設定
タグの設定

「新しいタグ」をクリックします。

image01.png
図 2. タグの設定
タグ設定(カスタムHTMLタグの選択)

「タグの設定」の下記箇所を選択します。

image06.png
図 3. カスタムHTMLタグの選択1

「カスタムHTMLタグ」を選択します。

image25.png
図 4. カスタムHTMLタグの選択2

「タグを設定」「HTML」に 「トラッキングタグ」 の手順に従って作成したトラッキングタグを設定します。

image07.png
図 5. カスタムHTMLタグの選択3
タグ設定(配信するタイミングの設定)

「トリガー」の下記箇所を選択します。

image04.png
図 6. 配信するタイミングの設定1

「トリガーの選択」に「All Pages」を選択します。

image29.png
図 7. 配信するタイミングの設定2

「保存」をクリックします。

image20.png
図 8. 配信するタイミングの設定3
タグ設定(SMPのタグ名設定)

タグ名を入力して、「保存」をクリックします。

image13.png
図 9. SMPのタグ名設定
Google Tag Managerの公開

「公開」をクリックします。

image24.png
図 10. Google Tag Managerの公開1

適当なコンテナバージョンの「名前」を記入後、「続行」をクリックします。

image21.png
図 11. Google Tag Managerの公開2
Google Tag Manager のタグ出力

「ワークスペース」をクリックします。

image00.png
図 12. Google Tag Manager のタグ出力1

画面右上の「GTM」から始まる文字列のリンクをクリックします。

image15.png
図 13. Google Tag Manager のタグ出力2

テキストエリア内のタグ情報を各Webページのhead開始タグ(<head>)の直後、body開始タグ(<body>)の直後にそれぞれ貼り付けます。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""