SPFレコードの設定・確認

SPFレコードの設定方法

ご利用になるドメインのDNSサーバーに下記SPFレコードを追加してください。

include:spf.smktg.jp

DNSサーバーへのSPF設定例

example.jp.   IN TXT "v=spf1 +a:mta.example.jp include:spf.smktg.jp ~all"

注意

  • SPFレコードにIPアドレスを直接設定することは、避けてください。
    IPアドレスを直接設定した場合は、設定・運用ともにサポートできません。

SPFレコードの確認方法

DNSにSPFレコードを設定しているどうか下記手順で確認します。

1. DNSサーバーにSPFレコードを問い合わせ

Windowsのコマンドプロンプトで下記コマンドを実行します。

nslookup -type=TXT “ご利用になるドメイン名”

(例)

nslookup -type=TXT shanon.co.jp

2. 出力結果の「text = "v=spf1 」から始まる行に「spf.smktg.jp」が含まれていることを確認します。

(出力結果例)

Server:		8.8.8.8
Address:	8.8.8.8#53

Non-authoritative answer:
shanon.co.jp	text = "google-site-verification=bEuMkWUfS-jl9rSx9Pu219S6hs_M9JLPBvKS_r6_asQ"
shanon.co.jp	text = "MS=ms81534548"
shanon.co.jp	text = "v=spf1 mx ip4:52.199.20.22 include:spf.smktg.jp ~all"

※注意 shanon.co.jpの実際の出力とは異なります。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""