はじめに

本マニュアルの対象者

本マニュアルは、SHANON MARKETING PLATFORM(以下SMPといいます)からのメール送信を許可する事業者のシステムにSPFレコードを設定する担当者を対象としています。

必要な前提知識

本マニュアルのご利用にあたっては、インターネットメールの仕組み、DNSに関する基礎的な知識が必要となります。

送信ドメイン認証とは

SPAMメールを受信しないように、送信元のアドレスが正規なものか判定する技術です。

(例)

  1. From: user@shanon-test.com

  2. To: taro@example.com

  3. Subject: テストメール

宛先アドレス(To:taro@example.com)のメールサーバー(example.com を管理しているサーバー)がドメイン認証機能をONにしている場合に有効になります。 送信元アドレスが特定の条件を満たしていない場合は、SPAMと誤判定されてしまい受信を拒否されてしまう可能性があります。

送信ドメイン認証において、送信元IPアドレスを元に正規のメールか判定する仕組みを SPF(Sender Policy Framework) と呼びます。

お客様が送信元アドレス(From)にご指定になるドメインですでにSPFレコードをご利用の場合は、お客様のDNSサーバーのSPFレコードにSMPのSPF用のドメインを追加していただく必要があります。

SPFレコードの設定手順の流れ

  1. SMPから送信するメールの送信元アドレス(From)のドメイン名を決める。

  2. 1.で決めたドメイン名を管理するDNSサーバーにSPFレコードを設定する。(SPFレコードの設定 参照)

  3. 2.で設定したSPFレコードが反映されているか確認する。(SPFレコードの確認方法 参照)

検索結果 ""

    検索結果がありません ""