制限事項

配信速度について

DKIMを使用した場合の配信時間は、メールのファイルサイズに比例します。
参考までに、添付ファイルなしのテキストメール・HTMLメール・マルチパートメール(ファイルサイズ 10KB程度)であれば、DKIMを使用しない場合と比較して2割から3割程度配信時間が長くなります。
2.5MBのファイルを添付してメール送信する場合は、100通あたり70秒から80秒かかりますのでご注意ください。

一部ドメインのメールヘッダにおけるDKIM認証結果ついて

一部のメールドメインにおきましては、プロバイダーの仕様でメールヘッダのDKIM認証で「dkim=pass」とならない場合があります。

  • Microsoft Windows Liveメール宛に、第三者署名を付与してメール送信した場合

    • DKIM認証結果が「dkim=none」となります。(作成者署名を付与してメール送信した場合は、DKIM認証結果が「dkim=pass」となります。)

    • ただし、2015年6月現在、Windows Liveメールを受信することが多いクライアント(WEBブラウザ、MS Outlook、Windows Liveメール、iPhone標準メーラー)では、DKIM署名の結果を表示する箇所はありません。

  • docomo.ne.jp、ocn.ne.jpメールにおいては、DKIM認証結果を表示しません。

    • ただし、2015年6月現在、docomo.ne.jp、ocn.ne.jpメールを受信することが多いクライアント(Docomoメール、iPhone標準メーラー、WEBブラウザ、MS Outlook、Windows Liveメール)では、DKIM署名の結果を表示する箇所はありません。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""