はじめに

本マニュアルの対象者

本マニュアルは、SHANON MARKETING PLATFORM(以下SMPといいます)にDKIMを設定する担当者を対象としています。

必要な前提知識

本マニュアルのご利用にあたっては、インターネットメールの仕組みに関する基礎知識と、SMPのメール送信ウィザードを使ったメール配信操作の知識が必要となります。

DKIM機能概要

DKIMとは

DKIMとは「DomainKeys Identified Mail」の略で、受信した電子メールが「正当な送信者から送信された改ざんされていないメール」かどうかを調べることができる電子署名方式の送信ドメイン認証技術です。
DKIMは、メール送信時に秘密鍵によって生成した署名情報を送信メールのヘッダに記述し、メール受信時に署名ドメインのDNSサーバー上に公開されている公開鍵によって署名を検証します。

image05.jpg
図 1. DKIMの概要

目的

DKIMを使うことにより、受信者がメールを受信した際に、以下を確認することができます。

  1. メールの内容が改ざんされていないか?

  2. メールの送信者がなりすまされていないか?

メールのなりすまし防止にはDKIMやS/MIMEといった署名を付与する方法がありますが、SMPでは普及率が高く、対応した際の効果が大きなDKIMに対応しています。

  1. 「メールの改ざんチェック機能」のみでお使いいただく場合

    • シャノン側の作業で簡便にお使いいただくことができます。

  2. 1. に加えて、2.「メール送信者なりすましチェック機能」をお使いいただく場合

    • シャノン側の作業だけでなく、お客様のシステム管理者の協力も必要となります。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""