機能説明

リストの機能一覧は下記になります:

  1. リストタブ

  2. リスト一覧

  3. リストカテゴリ

  4. リスト一覧画面でのリスト検索

  5. リストの作成・編集・削除

  6. リスト詳細(当リストへのリード追加もできる)

  7. リスト検索ブロック(複合検索)

  8. リード一覧(複合検索条件付き可)画面でリードを選択してリストへ追加

  9. リード一覧(複合検索条件付き可)画面でリードを選択してリストから除外

  10. シナリオ関連機能

  11. リード一括登録

  12. CSVダウンロード

  13. リスト最新追加除外日

  14. その他

リストタブ

リストに関する機能は専用のリストタブで管理しています。リストタブは全キャンペーン管理モードでのみ表示できます。 既存ドメインに対しては、リスト機能を使うためには、ロールの設定によってリスト機能をONに設定するが必要です。

※一部のリストに関連する機能はリードタブでも行えますが、文書の後半になります。

リスト一覧

リストの一覧画面を表示します。サイドメニューとして提供しています。 リストの表示項目設定、リストID、リスト名、カテゴリ、作成日、最新更新日、リード数、リード登録、詳細、編集、削除(個別、一括)、最新追加除外日などの情報表示や操作機能を提供する以外、ページ情報や、ページ制御に関する機能も提供しています。また、矢印が付いている項目はソートする機能も提供しています。

image01.png
図 1. リスト一覧画面

リストカテゴリ

リストのカテゴリ管理機能を提供します。サイドメニューとして提供しています。

image02.png
図 2. リストカテゴリ

リストカテゴリ機能を使って、リストカテゴリの新規登録、編集、削除と、詳細情報表示ができます。それ以外、ページ情報や、ページ制御に関する機能も提供しています。また、矢印が付いている項目はソートする機能を提供しています。カテゴリ名により検索もできます。

リスト一覧画面でのリスト検索

リスト一覧画面でのリスト検索ができます。検索時に、設定できる検索条件はリスト名とリストカテゴリです。リスト名は直接入力で、リストカテゴリは設定したカテゴリから選択して使います。「検索開始」ボタンを押すと、すべての条件を満たしたリストが検索結果として表示されます。

image03.png
図 3. リスト検索

「検索条件のクリア」ボタンを押すと、リスト一覧画面に戻ります。

image04.png
図 4. リスト検索条件のクリア

リストの作成・編集・削除

リスト一覧画面でリストの新規作成、編集、削除ができます。

  • リストを新規作成時に、リスト一覧画面の「新規登録」ボタンを押すと、リスト登録画面が表示されます。リスト名は必ず入力してください。入力しないとエラーメッセージを表示して、登録できません。

image05.png
図 5. リスト新規登録画面

登録したら、リスト一覧画面へ戻り、登録したリストがリスト一覧の一番上に表示されます。

image06.png
図 6. リスト登録完了画面
  • リストを編集時に、リスト一覧画面の該当リストの「編集」リンクを押すと、リスト編集画面が表示されます。表示するのは既存の情報であり、編集時にリスト名は必ず入力してください。入力しないとエラーメッセージを表示して登録できないです。

image07.png
図 7. リスト編集画面(編集前)

編集画面で必要に応じて情報を編集します。編集できる項目はリスト名、カテゴリ、備考の情報です。下記は「大手顧客リスト」から「大手顧客リスト_一番重要」に編集した例です。

image08.png
図 8. リスト編集画面(編集後)

編集したら、「登録」ボタンを押すと、編集した情報が保存されます。

image09.png
図 9. リスト編集完了画面
  • リストを個別選択して削除できます。該当リストの「削除」リンクを押すと個別削除確認画面が表示され、リード情報が表示されます。リストを削除されても、リストにあるリードには影響が出ません。

image10.png
図 10. リストの個別削除確認画面

リストの個別削除確認画面にて、「削除」ボタンを押すと該当リストが削除され、リスト一覧画面に戻ります。

image11.png
図 11. リストの個別削除完了画面
  • リストを複数選択して削除できます。リスト一覧画面で削除したいリストを複数選択して、「削除」ボタンを押すと一括削除確認画面が表示され、リード情報が表示されます。リストを削除されても、リストにあるリードには影響が出ません。

image12.png
図 12. リストを選択

リストの一括削除確認画面にて、「削除」ボタンを押すと該当リストが削除され、リスト一覧画面に戻ります。

image13.png
図 13. リスト一括削除確認画面
image14.png
図 14. リスト一括削除完了画面
  • リスト一覧画面の「リード数」リンクを押すと、該当リストの所属リード一覧を表示できます。

リストのリスト数が70の場合、その「リード数」列のリンクを押すと、該当リストの所属リード一覧を表示されます。

image15.png
図 15. リスト一覧の「リード数」リンク
image16.png
図 16. リストに所属リード一覧画面

リスト詳細

  • リストの「詳細」リンクを押すと、リストの詳細情報を確認できます。

該当リストの「詳細」リンクを押すと、リストの詳細情報画面を表示します。下記は「製造業顧客リスト」の詳細画面です。

image17.png
図 17. リスト詳細情報画面

詳細エアリアの「編集」ボタンを押すと、リストの編集画面が表示されます(上記の編集画面と同じ)。「リード一覧」エアリアの「リード数」後ろの数字リンクを押すと、当リストの所属リード一覧画面が表示されます(上記リスト所属リード一覧画面を参考すること)。

  • リストの詳細情報画面にて当リストへリードを追加できます。「リード追加」ボタンを押すと、複合検索画面が表示(ポップアップ)されます(場合によってサイドメニューとタブを一瞬で表示しますが、その後必要な検索領域だけ表示します)。従来どおりに検索条件を入力してリードを検索できます。

image18.png
図 18. 複合検索ポップアップ画面

ポップアップの複合検索画面で検索を実行すると、リード一覧がポップアップされて表示します。(場合によってサイドメニューとタブを一瞬で表示しますが、その後必要な検索領域だけ表示します)。従来のリード一覧画面と一部表示項目が変わり、不要なアクションボタンと操作リンクを非表示になっています。

image19.png
図 19. リード一覧ポップアップ画面

ポップアップのリード一覧画面で必要に応じて追加したいリードを選択(1つか、ページ内の複数か、或いは全頁)します(下記は表示していうページ内の30件を選択します)。

image20.png
図 20. リード一覧ポップアップ画面(選択)

「リストへ追加」ボタンを押すとリスト詳細画面へ戻ります。リスト詳細画面の下部に追加確認情報が表示され、選択したリードの数、「OK」ボタンと「キャンセル」ボタンが表示されます。「リード追加」ボタンを非表示にしています。

image21.png
図 21. リスト詳細画面でのリード追加確認画面

「キャンセル」ボタンを押すと、初期時のリスト詳細画面に戻り、「リード追加」ボタンを再表示し、追加しなおすことができます。「OK」ボタンを押すと選択したリードを追加します(重複するリードは除きます)。先にプログレスバー画面が表示され、終わったら完了画面が表示されます。

image22.png
図 22. リスト詳細画面でのリード追加プログレスバー画面
image23.png
図 23. リスト詳細画面でのリード追加完了画面

完了画面の「OK」ボタンを押すと、リスト詳細画面へ戻ります。リード数が更新されます。(画面は省略します)

大量のリードをリストへ追加する操作を途中でキャンセルする場合、プログレスバーのキャンセルリンクを押下して、ダイアログのOKを選択してキャンセルできます。

image22 1.png
図 24. リスト詳細画面でのリード追加プログレスバー画面(キャンセル押下)

キャンセルすると、「キャンセル中…​」というメッセージが表示され、追加処理に入っているリードの処理が完了するところまでは進みます。追加処理が未実行のリードは処理がキャンセルされて、プログレスバーの表示は100%まで進みます。

※「状況」の表示件数は、キャンセルした時点での追加済みの件数だけではなく、キャンセルされた件数も含まれています。

image22 2.png
図 25. リスト詳細画面でのリード追加プログレスバー画面(キャンセル中)

暫くすると、プログレスバーの表示が終了し、完了画面が表示されます。キャンセルされたリードがある場合は、プロセス状況が「キャンセル」になり、全件が追加された場合は「完了」と表示されます。

image23 1.png
図 26. リスト詳細画面でのリード追加完了画面(キャンセル場合)
  • 「一括登録」ボタンを押すと、当リストへCSVファイルの形でリードを一括登録できます。

リード一括登録」を参照してください。

リスト検索ブロック(複合検索)

リスト機能の追加に伴って、リードの複合検索に対してリスト検索ブロックでリスト検索条件を新たに追加しました。追加したのは、リストブロック「リスト」と、下記の3つのリスト検索条件です。

表 1. リスト検索条件
変更履歴の種別 内容

リストID

リストのUUIDであり、半角カンマ区切りで同時に複数入力して検索できる

リスト名

リストの名称であり、リストの名称を入力して検索できる

カテゴリ

リストのカテゴリであり、プルダウンでリストの既存カテゴリから1件を選択するか、空項目を選択して検索できる。空項目を選択する場合は、カテゴリ設定なしのリストを検索することになる

  • リストブロックを追加します。

リストブロックはすべての管理者が使えるものではなく、リスト機能が使える管理者のみに限ります。 そのため、リスト機能の使えない一部の管理者と、個別キャンペーン管理モードになった場合の全部の管理者はリストブロックが使えません。 リスト区ブロックを使う時には、検索条件ブロックから「リスト」ブロックを選択して、「追加」ボタンを押すと「リスト」ブロックを追加できます。 「リスト」ブロックを追加されたら、検索条件にリストブロックが表示され、「項目名」のリストに「リストID」、「リスト名」、「カテゴリ」を選択できます。

image24.png
図 27. 複合検索・リストブロック追加
image25.png
図 28. 複合検索・リストブロック項目名
  • リストIDによる複合検索

「項目名」に「リストID」を選択し、「条件」に「次の値と一致する」を選択し、「値」に「1,2,8」を入力して検索します。条件を満たしたリード一覧画面が表示されます。

image26.png
図 29. 複合検索・リストID条件
image27.png
図 30. 複合検索・リストID検索設定
image28.png
図 31. 複合検索・リストID検索結果
  • リスト名による複合検索

「項目名」に「リスト名」を選択し、「条件」に「次の文字列を含む」を選択し、「値」に「金融」を入力して検索します。条件を満たしたリード一覧画面が表示されます。

image29.png
図 32. 複合検索・リスト名条件
image30.png
図 33. 複合検索・リスト名検索設定
image31.png
図 34. 複合検索・リスト名検索結果
  • カテゴリによる複合検索

「項目名」に「カテゴリ」を選択し、「条件」に「次の値を選択している」を選択し、「値」に「金融業界」と「重点リスト」両方を選択して検索します。条件を満たしたリード一覧画面が表示されます。

image32.png
図 35. 複合検索・カテゴリ検索設定
image33.png
図 36. 複合検索・カテゴリ検索結果
  • 他の検索ブロックと組み合わせて検索もできますが、説明は省略します。

リード一覧画面でリードをリストへ追加

リードタブをクリックしてリード一覧画面を表示し、リードを選択してリストへ追加することができます。

  • リードを選択する前に、複合検索や、簡易検索で絞り込んで実施できます。リードを選択する時に、ページ内部の一部か、ページ内部の全件か、或いは全頁の選択もできます。下記は複合検索をして、ページ内全件を選択している状態です。

image34.png
図 37. 複合検索後のリード一覧画面で全頁選択
  • 「リストへ追加」ボタンを押すと、選択したリードの追加先リストを選ぶリスト選択画面(リストタブ下にあります)が表示されます。この画面では選択したリストの確認もできます。

image35.png
図 38. リスト選択・確認画面(選択前)
  • 「リストへ追加」ボタンを押すと、選択したリードの追加先リストを選ぶリスト一覧画面がポップアップされて表示されます。この画面では、リスト名とリストカテゴリにより検索もできます。同時に1件のリストのみ選択できます。

image36.png
図 39. リスト選択用ポップアップ形のリスト一覧画面
  • 「選択」ボタンを押すと、該当リストが選択され、ポップアップ形のリスト一覧画面を閉じます。リスト選択画面に戻り、確認情報が下部に表示され、この前選択したリード件数が表示されます。「キャンセル」ボタンを押すと初期時のリスト選択画面に戻りますが、「OK」ボタンを押すとリストへ追加します。

image37.png
図 40. リスト選択・確認画面(選択後)

「OK」ボタンを押すと、プログレスバーが表示して、終わったら完了画面が表示されます。

image38.png
図 41. リード一覧画面でリストへ追加・プログレスバー画面
image39.png
図 42. リード一覧画面でリストへ追加・完了画面

「戻る」ボタンを押すと、リード一覧画面へ戻ります。「リスト名」リンクを押すとリストに所属するリード一覧画面を表示します。(画面は省略します)

大量のリードをリストから除外する場合は、途中でキャンセルすることができます。実施方法は「リスト詳細」の「キャンセル処理」を参照してください。

リード一覧画面でリードをリストから除外

リード一覧画面で検索条件付きで、リードをリストから除外できます。

実施方法は下記2つが提供されています。いずれも、検索条件(リストID限定)によって1つのリストを特定し、1度に1つのリストだけからリードを選択して除外できます。それ以外の除外処理はサポートしません。

  • 実施方法1:リストを起点として操作する方法(普通)

リストタブで、リスト一覧画面か、リスト詳細画面で、「リード数」リンクをクリックして、対象リストの所属リード一覧画面(リードタブ)を表示します。

image40.png
図 43. リスト一覧画面であるリストの「リード数」リンクをクリック

除外したいリードを選択(ページ内部の一部か、ページ内部の全件か、或いは全頁の選択)して、「リストから除外」ボタンを押して除外します。下記は3件を選択して除外します。

image41.png
図 44. リード一覧画面でリストから除外・選択画面

必要な場合、「検索条件を変更する」リンクをクリックして検索条件を変更できます。その場合は下記「実施方法2」を参考してください。 「リストから除外」ボタンを押すと、除外確認画面が表示され、選択した件数が確認できます。

image42.png
図 45. リード一覧画面でリストから除外・確認画面

「キャンセル」ボタンを押すと、上記の選択画面に戻りますが、「OK」ボタンを押すと除外処理を実行します。プログレスバー画面が表示され、終わったら完了画面が表示されます。

image43.png
図 46. リード一覧画面でリストを除外・プログレスバー画面
image44.png
図 47. リード一覧画面でリストを除外・完了画面

「OK」ボタンを押すと、リード一覧画面へ戻ります。「リスト名」リンクを押すとリストに所属するリード一覧画面を表示します。(画面は省略します)

大量のリードをリストから除外する場合は途中でキャンセルできます。実施方法は「リスト詳細」の「キャンセル処理」を参考してください。

  • 実施方法2:リードを起点として操作する方法(リードを更に条件によって絞る必要がある場合)

通常、上記「実施方法1」で除外処理を実施しますが、リスト内部の全リードではなく、一部を絞り込んで除外するために他の検索条件を指定する場合はこの方法を使えます。具体的な実施方法は下記のとおりです。

まず、複合検索でリストブロックを追加し、それに対してリストIDによる検索条件を1つのみを設定します(項目名:「リストID」、条件:「次の値と一致する」、値:[%1つのリストID%])。後、リストブロック以外の検索条件を必要に応じて任意で設定できますが、リストブロックとの関係は必ず「AND」に設定しなければなりません。

image45.png
図 48. リード一覧画面でリストを除外・複合検索画面

検索すると、リード一覧画面が表示され、除外したいリードを選択して、「リストから除外」ボタンを押すと除外処理を実行します。

image46.png
図 49. リード一覧画面でリストを除外・リード一覧画面

その後の処理や画面フローは上記「実施方法1」と同じですので、記載を省略します。

シナリオとの関連機能

シナリオ機能でリストと連携して、リードをリストへ追加、リストから除外ができます。これはシステムの内部の機能ですので、ユーザは特に設定する必要がありません。 ただ、ユーザは手作業で実施したリストの操作以外でも、他のルートでリストへリード追加、リストからリード除外も可能であることを意識する必要があります。

また、リスト自体の追加・編集、削除と、リストに対してリードの追加・リードの除外操作はシナリオへも通知できるので、これらの操作によってシナリオの仕組みにも影響がでます。

リード一括登録

CSVファイルの形でリストにリードを一回で複数登録できます。

  • 実施方法1:リストの一覧画面で、「リード登録」列の「一括登録」リンクを押してリードを登録する方法

「一括登録」リンクをクリックします。

image50.png
図 50. 「一括登録」リンク

リストにリードを一括登録する画面です。登録対象のリスト名が表示されます。

image51.png
図 51. 登録対象のリスト名

一括登録の設定方法はリードの一括登録と同様です。それ以降の流れも同様なので、ここでは詳細を省きます。

  • 実施方法2:リストの詳細画面で、「一括登録」ボタンを押してリードを登録する方法

「一括登録」ボタンを押してリードを登録します。

image52.png
図 52. リスト詳細画面で一括登録

それ以降の流れは上記の実施方法1を参照してください。

CSVアップロード結果画面には「リストID」が表示され、リストに登録した履歴は該当リストIDが表示され、他の履歴は空となります。

image53.png
図 53. CSVアップロード結果画面のリストID列

CSVアップロード履歴をダウンロードして、ダウンロードしたファイルに最後の列はリストIDの情報があります。

CSVダウンロード

リスト内のリードをCSVダウンロードできます。仕様は現行のリードタブのCSVダウンロードを踏襲し、リストの所属リード一覧画面を開いて、ダウンロードメニューボタンを押下すると条件選択や項目選択が行えます。

リスト最新追加除外日

リストに対して最後にリードを追加または除外した日付です。 初期状態は表示されません。表示項目設定で表示するように設定できます。

image54.png
図 54. 最新追加除外日列

「最新追加除外日」でソートできます。空欄の場合は一番古い日付として扱います。

昇順でソートする場合の例:

image55.png
図 55. 昇順

降順でソートする場合の例:

image56.png
図 56. 降順

所属リスト一覧

リード詳細画面に、所属リスト一覧が表示されます。場所はアンケート履歴と活動履歴の間です。 6件以上の場合は、「すべて表示」と「5件表示」で表示を切り替えます。

image57.png
図 57. 所属リスト一覧

その他

  • リード削除により、削除されたリードがリストに属している場合、該当リストから除外されます。

リードが削除されると、リード自体が存在しなくなるため、リストに属している場合、該当リストから自動的に除外されます。

  • リードマージにより、マージされた(削除された)リードがリストに属している場合、該当リストから除外されます。

リードマージ時に、マージされた(削除された)リードが存在しなくなるため、リストに属している場合、該当リストから自動的に除外されます。リストに属していない場合は何もしません。 マージ先のリードがリストとの関係はマージ前とは変わりません。ユーザが判断して、必要な場合は手作業でリードをリストに追加か、リストから除外していただきます。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""