来場認証設定

来場認証設定画面では、イベント来場アプリを使ってキャンペーン来場、サブキャンペーン来場認証を行う際に、オフライン認証を行うかどうかやアプリ上で認証完了時の表示内容をカスタマイズすることができます。
※ブース来場では本機能の設定は影響しません。

image20.png
図 1. 来場認証設定画面

来場認証詳細設定

image21.png
図 2. 来場認証編集画面
表 1. 来場認証編集画面の用語
項目 説明

受講票設定

[キャンペーンタブ] → [キャンペーン設定] での設定内容をそのまま表示します。
編集が必要な場合は編集のリンクからキャンペーンタブに移動して編集設定を行ってください。

オフライン認証

アプリ利用時にネットワークが接続できない場合でのアプリの利用について設定することができます。
①オンラインのみ認証可能:端末がオンラインのときだけ、来場認証を行うことができます。
②常時認証可能:端末がオンライン・オフラインを問わず、来場認証を行うことができます。この設定を利用する場合、以下の点にご注意ください。
・オフライン時に認証完了画面に、来場者の社名、姓名を表示することはできません。
・オフライン時では認証完了画面カスタマイズの設定内容を使用する事ができません。

なお、オフライン中に読み取った内容はその端末がオンライン状態になったタイミングで随時SMPに送信され処理されます。このため、本来来場できない来場者(申込必須のイベントで申し込んでいない等)も来場させていた、といったケースが発生する場合があります。

認証完了画面カスタマイズ設定

image22.png
図 3. 認証完了画面カスタマイズ画面

イベント来場アプリではキャンペーン来場、サブキャンペーン来場認証時に会社名、姓名を表示しています。さらに、本機能を使って、表示する項目を追加するカスタマイズ設定を行うことができます。
カスタマイズ設定は以下のように行うことができます。
※アプリ上での表示内容はこちらを参照してください。

  1. カスタマイズで追加できる項目はリードの追加項目のみ

    • 基本項目を使用することはできません。

  2. カスタマイズで追加できる項目は5項目まで

    • 0~5項目をアプリの認証完了画面に表示させることができます。

  3. 表示文字列が長い場合は1行に収まる範囲のみ表示させます。

    • 必ずしもSMPとアプリとで省略されずに表示できる文字数が同一となるとは限りません。

  4. 追加項目のデータ型によって設定できるルールが異なります。
    詳細は下の表を参照してください。

表 2. フォーム種別ごとのカスタマイズ要素
フォーム種別 説明

テキスト

データがあった場合の表示形式を設定可能

テキストエリア

データがあった場合の表示形式を設定可能

ラジオボタン

各選択肢ごとに表示形式を設定可能

チェックボックス

データがあった場合の表示形式を設定可能
複数選択されている場合はそのすべてを表示

プルダウンメニュー

各選択肢ごとに表示形式を設定可能

画像

データがあった場合の表示内容(画像ファイルのIDを表示)

ファイル

データがあった場合の表示内容(ファイルのIDを表示)

数字

データがあった場合の表示形式を設定可能

日付

データがあった場合の表示形式を設定可能

日時

データがあった場合の表示形式を設定可能

検索結果 ""

    検索結果がありません ""