5.追加項目設定画面について

各追加項目設定画面の操作方法について説明します。
追加項目に関しては、下記で説明する画面にて設定を行うと、設定した追加項目をデータソースとして使用することが可能となります。
※最初に使用したい際にシャノンの営業担当者までお問い合わせください。

  1. ダッシュボードタブで操作できる追加項目の設定は下記となります。

    1. リード追加項目設定

    2. 活動履歴項目設定

    3. キャンペーン項目設定

    4. サブキャンペーン項目設定 ※使用するには、上記項目の追加項目の設定が必要になります。各追加項目の設定方法は、SMPのマニュアルを参照してください。

  2. 編集権限、または共有権限のアカウントでSMPにログインしてください。

    1. 代理ログインではダッシュボードタブを操作することはできません。

  3. ダッシュボードタブ>追加項目を設定したい設定画面に遷移します。     ※例)リード追加項目設定 以下、リード追加項目設定画面にて説明をします。
        下記のように、設定している追加項目がリストとして表示されます。
        設定していない場合、または画面を初めて開くときは、「ダッシュボードで使用」の項目は
        空白の表示となっています。 .. 追加項目が、「ファイル」「画像」のものはご使用いただけません。

image43.png
図 1. 追加項目設定画面 例)リード追加項目設定
  1. 追加項目の設定をします。「編集」ボタンをクリックしてください。編集画面に遷移します。

image10.png
図 2. 追加項目編集画面 例)リード追加項目設定
  1. ダッシュボードで使用した追加項目について、「ダッシュボードで使用」のチェックボックスにチェックを入れます。追加項目によって使用可能な最大件数が異なります。

表 1. 追加項目最大設定項目数
追加項目名 最大設定項目数

リード追加項目

30件

活動履歴項目

30件

キャンペーン項目

30件

サブキャンペーン項目

30件

image13.png
図 3. 追加項目編集画面-チェック後 例)リード追加項目設定
  1. チェック内容に問題なければ、画面下部の「登録」ボタンをクリックします。設定が保存され、追加項目の設定画面に戻ります。設定画面では、設定した項目の「ダッシュボードで使用」の項目にチェックが入っています。

image42.png
図 4. 追加項目編集画面-登録後 例)リード追加項目設定
  1. 設定後、翌営業日以降に、ダッシュボード作成時のデータとしてご利用いただけます。ご利用方法については、「6.オリジナルダッシュボードについて」をご参照ください。各追加項目で設定した利用可能データの紐付きは下記となります。

表 2. 追加項目利用可能なデータ
追加項目名 利用可能なデータ

リード追加項目設定画面

[lead-attribute-items]

活動履歴項目設定画面

[activity-attribute-items]

キャンペーン項目設定画面

[campain-items]

サブキャンペーン項目設定画面

[sub-campain-items]

検索結果 ""

    検索結果がありません ""