SMP 連携オブジェクトリファレンス

SMP 連携オブジェクトごとの API 仕様 (SMP からデータ取得する場合)

この章では、SMP 連携オブジェクトごとに固有の仕様について記述します。連携オブジェクトによって、連携元として利用する場合に必須となる項目マッピングが存在します。
以下に、実際に利用される SMP API と、必須となる項目マッピングを記述します。

1. リード

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

特にありません

2. キャンペーン

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. seminar.get

データ取得時に必要な項目マッピング

特にありません

3. サブキャンペーン

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. seminar.getSession

データ取得時に必要な項目マッピング

特にありません

4. キャンペーン申込

  • 注意: 「キャンペーン申込」オブジェクトではサブキャンペーンへの申込情報は取得できません。 サブキャンペーン申込情報を取得する場合は、キャンペーン申込とは別に「サブキャンペーン申込」オブジェクトを利用してオブジェクトマッピングを設定してください。

  • 注意: 「キャンペーン申込」オブジェクトでは申込に伴うアンケート回答情報は取得できません。アンケート回答情報も取得する必要がある場合は、「キャンペーン申込アンケート」オブジェクトを利用してください。

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getApplicationSeminar

  2. visitor.getApplication

  3. visitor.get

  4. seminar.getFlow

  5. seminar.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getApplicationSeminar

表 1. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目

申込ID

VisitorApplicationSeminar.TransactionIdList

外部ID

SMP項目が選択リスト

リードID

VisitorApplicationSeminar.VisitorId

任意

--なし--

②visitor.getApplication

表 2. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplication.Id

任意

--なし--

申込フローID

VisitorApplication.ApplicationFlow

任意

SMP項目が選択リスト

③visitor.get

表 3. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

④seminar.getFlow

表 4. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込フローID

SeminarFlow.Id

任意

--なし--

キャンペーンID

SeminarFlow.Seminar

任意

SMP項目が選択リスト

⑤seminar.get

表 5. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

キャンペーンID

Seminar.Id

任意

--なし--

5. サブキャンペーン申込

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getApplicationSession

  2. visitor.getApplication

  3. visitor.get

  4. seminar.getFlow

  5. seminar.get

  6. seminar.getSession

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getApplicationSession

表 6. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplicationSession.TransactionIdList

外部ID

SMP項目が選択リスト

リードID

VisitorApplicationSession.VisitorId

任意

--なし--

サブキャンペーンID

VisitorApplicationSession.session

任意

SMP項目が選択リスト

②visitor.getApplication

表 7. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplication.Id

任意

--なし--

申込フローID

VisitorApplication.ApplicationFlow

任意

SMP項目が選択リスト

③visitor.get

表 8. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

④seminar.getFlow

表 9. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込フローID

SeminarFlow.Id

任意

--なし--

キャンペーンID

SeminarFlow.Seminar

任意

SMP項目が選択リスト

⑤seminar.get

表 10. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

キャンペーンID

Seminar.Id

任意

--なし--

⑥seminar.getSession

表 11. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

サブキャンペーンID

SeminarSession.Id

任意

--なし--

6. キャンペーン申込アンケート

  • 注意: 「キャンペーン申込アンケート」オブジェクトではサブキャンペーンへの申込情報は取得できません。 サブキャンペーン申込情報を取得する場合は、キャンペーン申込アンケートとは別に「サブキャンペーン申込アンケート」オブジェクトを利用してオブジェクトマッピングを設定してください。

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getApplicationSeminar

  2. visitor.getApplication

  3. visitor.get

  4. seminar.getFlow

  5. seminar.get

  6. visitor.getEnquete

  7. enquetehistory.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getApplicationSeminar

表 12. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目

申込ID

VisitorApplicationSeminar.TransactionIdList

外部ID

SMP項目が選択リスト

リードID

VisitorApplicationSeminar.VisitorId

任意

--なし--

②visitor.getApplication

表 13. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplication.Id

任意

--なし--

申込フローID

VisitorApplication.ApplicationFlow

任意

SMP項目が選択リスト

アンケート回答情報ID *

VisitorApplication.EnqueteDataId

任意

--なし--

③visitor.get

表 14. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

④seminar.getFlow

表 15. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込フローID

SeminarFlow.Id

任意

--なし--

キャンペーンID

SeminarFlow.Seminar

任意

SMP項目が選択リスト

⑤seminar.get

表 16. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

キャンペーンID

Seminar.Id

任意

--なし--

⑥visitor.getEnquete

表 17. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アンケート回答情報ID *

VisitorEnquete.DataId

任意

--なし--

アンケート履歴ID *

VisitorEnquete.HistoryId

任意

--なし--

⑦enquetehistory.get

表 18. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アンケート履歴ID *

Enquetehistory.Id

任意

--なし--

*: アンケート回答を持たない申込情報を取得した場合は、値が存在しません

7. サブキャンペーン申込アンケート

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getApplicationSession

  2. visitor.getApplication

  3. visitor.get

  4. seminar.getFlow

  5. seminar.get

  6. seminar.getSession

  7. visitor.getEnquete

  8. enquetehistory.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getApplicationSession

表 19. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplicationSession.TransactionIdList

外部ID

SMP項目が選択リスト

リードID

VisitorApplicationSession.VisitorId

任意

--なし--

サブキャンペーンID

VisitorApplicationSession.session

任意

SMP項目が選択リスト

②visitor.getApplication

表 20. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplication.Id

任意

--なし--

申込フローID

VisitorApplication.ApplicationFlow

任意

SMP項目が選択リスト

アンケート回答情報ID *

VisitorApplication.EnqueteDataId

任意

--なし--

③visitor.get

表 21. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

④seminar.getFlow

表 22. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込フローID

SeminarFlow.Id

任意

--なし--

キャンペーンID

SeminarFlow.Seminar

任意

SMP項目が選択リスト

⑤seminar.get

表 23. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

キャンペーンID

Seminar.Id

任意

--なし--

⑥seminar.getSession

表 24. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

サブキャンペーンID

SeminarSession.Id

任意

--なし--

⑦visitor.getEnquete

表 25. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アンケート回答情報ID *

VisitorEnquete.DataId

任意

--なし--

アンケート履歴ID *

VisitorEnquete.HistoryId

任意

--なし--

⑧enquetehistory.get

表 26. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アンケート履歴ID *

Enquetehistory.Id

任意

--なし--

*: アンケート回答を持たない申込情報を取得した場合は、値が存在しません

8. キャンペーン来場

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getAttendanceSeminar

  2. seminar.get

  3. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。

①visitor.getAttendanceSeminar

表 27. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

来場履歴ID

VisitorAttendanceSeminar.Id

外部ID

--なし--

キャンペーンID

VisitorAttendanceSeminar.Seminar

任意

SMP項目が選択リスト

リードID

VisitorAttendanceSeminar.VisitorId

任意

--なし--

②seminar.get

表 28. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

キャンペーンID

Seminar.Id

任意

--なし--

③visitor.get

表 29. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

9. サブキャンペーン来場

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getAttendanceSession

  2. seminar.getSession

  3. seminar.get

  4. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。

①visitor.getAttendanceSession

表 30. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

来場履歴ID

VisitorAttendanceSession.Id

外部ID

--なし--

サブキャンペーンID

VisitorAttendanceSession.Session

任意

SMP項目が選択リスト

リードID

VisitorAttendanceSession.VisitorId

任意

--なし--

②seminar.getSession

表 31. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

サブキャンペーンID

SeminarSession.Id

任意

--なし--

キャンペーンID

SeminarSession.Seminar

任意

SMP項目が選択リスト

③seminar.get

表 32. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

キャンペーンID

Seminar.Id

任意

--なし--

④visitor.get

表 33. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

10. メール履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getMail

  2. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getMail

表 34. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

メール情報ID

VisitorMail.Id

外部ID

--なし--

リードID

VisitorMail.VisitorId

任意

--なし--

②visitor.get

表 35. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

11. クリックカウント履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getClickcount

  2. clickcounturl.get

  3. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getClickcount

表 36. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

クリックカウント履歴ID

VisitorClickcount.Id

外部ID

--なし--

クリックカウントURL ID

VisitorClickcount.ClickCountUrlId

任意

--なし--

リードID

VisitorClickcount.VisitorId

任意

--なし--

②clickcounturl.get

表 37. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

クリックカウントURL ID

Clickcounturl.Id

任意

--なし--

③visitor.get

表 38. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

12. アンケート履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getEnquete

  2. enquetehistory.get

  3. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。

①visitor.getEnquete

表 39. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アンケート履歴ID - リードID

VisitorEnquete.Id

外部ID

--なし--

アンケート履歴ID

VisitorEnquete.HistoryId

任意

--なし--

リードID

VisitorEnquete.VisitorId

任意

--なし--

②enquetehistory.get

表 40. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アンケート履歴ID

Enquetehistory.Id

任意

--なし--

③visitor.get

表 41. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

13. 活動履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getActivity

  2. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getActivity

表 42. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

活動履歴ID

VisitorActivity.Id

外部ID

--なし--

リードID

VisitorActivity.VisitorId

任意

--なし--

②visitor.get

表 43. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

14. 資料ダウンロード履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getDocumentdownload

  2. document.get

  3. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getDocumentdownload

表 44. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

資料ダウンロード履歴ID

VisitorDocumentdownload.Id

外部ID

--なし--

資料ID

VisitorDocumentdownload.DocumentId

任意

--なし--

リードID

VisitorDocumentdownload.VisitorId

任意

--なし--

②document.get

表 45. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

資料ID

Document.Id

任意

--なし--

③visitor.get

表 46. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

15. Web トラッキング履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getTrackingaccesslog

  2. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getTrackingaccesslog

表 47. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

アクセス履歴ID

VisitorTrackingaccesslog.Id

外部ID

--なし--

リードID

VisitorTrackingaccesslog.VisitorId

任意

--なし--

②visitor.get

表 48. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

16. Web トラッキングセッション履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getTrackingsession

  2. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getTrackingsession

表 49. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

トラッキングセッション履歴ID

VisitorTrackingsession.Id

外部ID

--なし--

リードID

VisitorTrackingsession.VisitorId

任意

--なし--

②visitor.get

表 50. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

17. 割引履歴

データ取得時に利用される SMP API メソッド
  1. visitor.getDiscounthistory

  2. seminar.getDiscount

  3. visitor.getApplication

  4. visitor.get

データ取得時に必要な項目マッピング

最低限、設定すべき項目マッピングは以下のとおりです。
①visitor.getDiscounthistory

表 51. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

割引履歴ID

VisitorDiscounthistory.Id

外部ID

--なし--

申込履歴ID

VisitorDiscounthistory.ApplicationId

任意

--なし--

割引ID

VisitorDiscounthistory.DiscountId

任意

--なし--

②seminar.getDiscount

表 52. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

割引ID

SeminarDiscount.Id

任意

--なし--

③visitor.getApplication

表 53. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

申込ID

VisitorApplication.Id

任意

--なし--

リードID

VisitorApplication.VisitorId

任意

--なし--

④visitor.get

表 54. 項目マッピング
SMP項目名 SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

リードID

Visitor.Id

任意

--なし--

SMP 連携オブジェクトごとの API 仕様 (SMP へのデータ登録・更新・削除)

SMP へのデータ連携は、 SMP オブジェクト名と API の対応表 に記載されている API メソッドの実行によって実現します。連携可能な項目については、 API マニュアル にて対応するメソッドを参照しつつ、連携設定を行ってください。

以下では、一部の特殊仕様を持つメソッドについて説明します。

キャンペーン申込

SMP へのキャンペーン申込を実行するためには、SMP のキャンペーン申込 API (application.post)に必要なパラメータと項目をリクエストするように連携設定を行う必要があります。

以下のパラメータおよび項目が必須です。 * 申込フローID (APIパラメータ application_flow_id) * キャンペーンID (SsDataId) * 申込数 (NumberOfApplication)

また、キャンペーン申込 API は、ひとつのメソッドの中で複数のエレメント(VisitorData, Transaction, etc)を指定する特殊な仕様になっています。そのため、項目マッピングでも項目名の部分を Application.Transaction_SsDataId のように、アンダースコアを区切り文字として <エレメント名>_<項目名> を表記します。

さらに、キャンペーン申込 API は登録成功すると申込IDとリードIDの2つをレスポンスします。これらを格納するために、「SMP APIレスポンスで格納する要素」「SMP APIレスポンスを格納するSFDC項目」をカンマ区切りで複数指定することができます。

キャンペーン申込の連携設定例

連携元の SFDC オブジェクトに、以下の API 名の項目が作成されているとして、最低限の設定例を下記に例示します。

  • SMP_ID__c (申込IDを格納するための項目)

  • SMP_V_ID__c (リードIDを格納するための項目)

  • SMP_Flow_ID__c (SMP申込フローIDを保持している項目)

  • SMP_Seminar_ID__c (SMPキャンペーンIDを保持している項目)

オブジェクトマッピングの「SFDC→SMP」部分の設定例は以下のようになります。申し込みID、リードIDをそれぞれレスポンスから格納するようにしています。

表 55. キャンペーン申込のための「SFDC→SMP」部分の設定例
項目名 設定値

SMP 更新キー

Application.Id

SMP更新方法

POST

SMP APIレスポンスで格納する要素

Id,VisitorId

SMP APIレスポンスを格納するSFDC項目

SMP_ID__c,SMP_V_ID__c

API パラメータは以下のように設定します。SMP_Flow_ID__c を括弧で括っている点に注意してください。

表 56. キャンペーン申込のためのAPIパラメータ設定例
APIパラメータキー APIパラメータ内容 検索オペレータ 前回実行日・条件日時を指定

application_flow_id

(SMP_Flow_ID__c)

eq

--なし--

ignore_itemcheck

1

eq

--なし--

項目マッピングは以下のように設定します。Transaction エレメントの CartList に指定する項目について、「SMP項目の属性」として「SMP項目がカート一覧」を指定している点に注意してください。

表 57. キャンペーン申込のための項目マッピング設定例
SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

Application.Id

SMP_ID__c

--なし--

Application.Transaction_SsDataId

SMP_Seminar_ID__c

SMP項目がカート一覧

Application.Transaction_NumberOfApplication

SMP_Seminar_ID__c

SMP項目がカート一覧

また、申込数を 1 で固定するため、上で設定した項目マッピング「Application.Transaction_NumberOfApplication」に対して、以下のフィルターを設定します。

フィルター種類 フィルター式 実行順序

固定値の代入

[1]

1

オブジェクトマッピングの設定画面の例は以下のようになります。

toSMP application post objectmapping example.png
図 1. SMP へのキャンペーン申込 - オブジェクトマッピング設定例
キャンペーン申込の注意・制限事項
  • 申込時の、登録時言語の指定はサポートされていません

  • その他、キャンペーン申込 API の仕様・制限事項について、 API マニュアル も参照ください。

キャンペーン申込キャンセル

SMP へのキャンペーン申込を実行するためには、SMP のキャンペーン申込 API (application.delete)に必要なパラメータと項目をリクエストするように連携設定を行う必要があります。

以下のパラメータおよび項目が必須です。

  • 申込ID (APIパラメータによってキャンセル対象の申込のIDを指定します)

キャンペーン申込キャンセルの連携設定例

連携元の SFDC オブジェクトに、以下の API 名の項目が作成されているとして、最低限の設定例を下記に例示します。

  • SMP_ID__c (申込IDを格納するための項目)

オブジェクトマッピングの「SFDC→SMP」部分の設定例は以下のようになります。

表 58. キャンペーン申込キャンセルのための「SFDC→SMP」部分の設定例
項目名 設定値

SMP 更新キー

Application.Id

SMP更新方法

DELETE

SMP APIレスポンスで格納する要素

Application.Id

SMP APIレスポンスを格納するSFDC項目

SMP_ID__c

API パラメータは以下のように設定します。SMP_ID__c を括弧で括っている点に注意してください。

表 59. キャンペーン申込キャンセルのためのAPIパラメータ設定例
APIパラメータキー APIパラメータ内容 検索オペレータ 前回実行日・条件日時を指定

id

(SMP_ID__c)

eq

--なし--

項目マッピングは以下のように設定します。

表 60. キャンペーン申込キャンセルのための項目マッピング設定例
SMP項目または連携先SFDC項目 SFDC項目 SMP項目の属性

Application.Id

SMP_ID__c

--なし--

toSMP application delete objectmapping example.png
図 2. SMP へのキャンペーン申込キャンセル - オブジェクトマッピング設定例
キャンペーン申込キャンセルの注意・制限事項
  • キャンセル実行時は SMP API レスポンスから格納できる情報はありません

    • そのため、「SMP APIレスポンスで格納する要素」「SMP APIレスポンスを格納するSFDC項目」への入力は擬似設定であり、実効性はありません

  • その他、キャンペーン申込 API の仕様・制限事項について、 API マニュアル も参照ください。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""