SMP for Salesforce の概要

プロダクトの目的

SFDC を利用する SMP ユーザに対して、両システム間のデータ連携機能を提供します。たとえば、 SMP で登録されたリード情報を SFDC の Lead オブジェクトに反映 (同期)したり、逆に SFDC の Lead 情報を SMP のリードに登録したりといった、相互のデータ連携が基本的にノンプログラミングで設定可能です。
SMP においてはリードの他に、申込や活動履歴など主要な履歴情報が、SFDC においては Lead、Campaign 等の標準オブジェクトのほか、任意のカスタムオブジェクトの取得・更新が可能です。

主な特徴は以下のとおりです。

  • 相互連携(SMP から SFDC へ、あるいは SFDC から SMP へ)が可能

  • SFDC の画面から、ノンプログラミングで設定可能

  • バッチ処理で一定時間毎に連携を自動実行

  • 任意のタイミングでの手動実行も可能

仕組み

全体像

SMP for Salesforce は、SFDC の Force.com プラットフォームで動作するアプリケーションとして実装しています。個別の SFDC 組織に対して、パッケージをインストールすることで利用可能となります。
SFDC 上のデータに対しては Apex コードを通じて SFDC 内部経由でアクセスする一方、 SMP に対しては SFDC 環境からの API コールによってデータの取得・変更を行います。

image01.png
図 1. SMP for Salesforce のアーキテクチャイメージ

導入方法

SMP for Salesforce は、インストールURLにアクセスすることで、顧客SFDC組織へのインストールが可能です。インストールするためには、 Force.com アプリケーションインストール権限を持ったシステム管理者のアカウントが必要です。データ連携のための各種設定はインストール後、対象の SFDC 組織へログインして行います。

システム要件

SMP for Salesforce のご利用にあたっては、最低限以下の条件を満たしている必要があります。

  • 導入対象の SFDC 組織が Enterprise 以上のエディションであること

  • 連携設定のために、導入対象の SFDC 組織に連携設定と連携対象データに対する操作権限を持つ、標準ライセンスユーザーを用意できること

    • 実際の連携処理による更新処理の操作ユーザーとなるので、初期設定時だけではなく、連携処理をご利用になる期間を通じて有効なユーザーが必要です

機能概要

SMP for Salesforce に含まれる機能(タブ)について、簡単に紹介します。

image15.png
図 2. SMP for Salesforce 利用時のタブ表示例

SMP 接続のための設定機能

SMP接続設定

連携対象の SMP へ接続するための URL と API キー情報を設定します。データ連携を動作させるために 1 SMP ドメインに対して有効な 1組の API 情報を設定する必要があります。
複数の設定を保持することが可能ですが、同時に利用可能な設定はひとつのみです。
なお、APIキー情報は暗号化して保存されます。表示上は暗号化された文字列が表示されるため、設定後にキー情報を画面から確認することはできません。設定の編集(再設定)は可能です。

image04.png
図 3. 接続設定の設定例

データ取得元と連携先の設定機能

image12.png
図 4. 連携ジョブ設定の概念構成
連携ジョブ

データ連携を実現するためには、まず連携ジョブを設定します。これがバッチ実行の基本単位となります。バッチ実行の繰り返しタイミング(e.g. 1時間ごと、3時間ごと、etc)を設定することで、連携処理の実行頻度を制御します。
連携ジョブは複数設定することができます。その場合、設定された実行順序に従って、ひとつずつ順番に実行されます。
スケジュールされたジョブは、SFDC の Apex ジョブとして実行されます。

オブジェクトマッピング

連携ジョブに対して、ひとつ以上のオブジェクトマッピングを設定します。ここで、SMP・SFDC双方の対象オブジェクト(リードやキャンペーンなど)レベルの連携方法を定義します。オブジェクトマッピングは、連携方向に応じて [SMP→SFDC]、[SFDC→SMP]、[SFDC→SFDC] のいずれかのタイプに分類されます。
連携ジョブ下のオブジェクトマッピングは、実行順序に従ってひとつずつ順番に実行されます。

項目マッピング

オブジェクトマッピングに対してさらに、ひとつ以上の項目マッピングを設定します。ここで項目レベルのマッピング(たとえばリードで言えば名前や会社名などの項目)を設定します。

データ取得制御のための設定機能

API パラメータ

SMP に対するデータ取得・更新は API 経由で行うため、API リクエストに付加する任意のパラメータを設定します。API パラメータはオブジェクトマッピング単位で設定します。

変数定義

あるオブジェクトマッピング設定で取得したデータ項目は、配列型の変数として格納することで後続のオブジェクトマッピングで再利用することができます。

データ変換のための設定機能

フィルター

連携するデータには定義済みのフィルターをかけることができます。たとえば、アルファベットの大文字を小文字に変換したり、特定の文字列を追加したり、正規表現による置換を適用したりすることが可能です。

テーブル変換

連携するデータを予め定めたパターンに沿って置換する場合は、テーブル変換を利用することもできます。たとえば、関東の県名を「関東」という文字列に変換したい場合、東京都→関東、神奈川県→関東、千葉県→関東、、、といった対応表を作成しておくことで、都道府県の入力をエリア名に変換して格納する、といったことが可能です。

サポート対象オブジェクト

SMP からデータ取得するための連携オブジェクト

SMP のオブジェクトは、ひとつ以上の SMP API メソッドを利用して SMP から情報を取得します。
たとえば「メール履歴」であれば、メール情報取得 API (visitor.getMail) を主軸として、同時に リード情報取得 API (visitor.get) を利用し、メール履歴にリード情報を付加したデータを取得します。
オブジェクトごとの詳細については、「SMP連携オブジェクトリファレンス」のページを参照ください。

表 1. 連携オブジェクトとSMP API対応表(SMP→SFDC)
連携オブジェクト名 参照する API メソッド ( * = 主軸となるメソッド)

リード

visitor.get *

キャンペーン

seminar.get *

サブキャンペーン

seminar.getSession *

キャンペーン申込

visitor.getApplicationSeminar *
visitor.getApplication
visitor.get
seminar.getFlow
seminar.get

サブキャンペーン申込

visitor.getApplicationSession *
visitor.getApplication
visitor.get
seminar.getFlow
seminar.get
seminar.getSession

キャンペーン申込アンケート

visitor.getApplicationSeminar *
visitor.getApplication
visitor.get
seminar.getFlow
seminar.get
visitor.getEnquete
enquetehistory.get

サブキャンペーン申込アンケート

visitor.getApplicationSession *
visitor.getApplication
visitor.get
seminar.getFlow
seminar.get
seminar.getSession
visitor.getEnquete
enquetehistory.get

キャンペーン来場

visitor.getAttendanceSeminar *
seminar.get
visitor.get

サブキャンペーン来場

visitor.getAttendanceSession *
seminar.getSession
seminar.get
visitor.get

メール履歴

visitor.getMail *
visitor.get

クリックカウント履歴

visitor.getClickcount *
clickcounturl.get
visitor.get

アンケート履歴

visitor.getEnquete *
enquetehistory.get
visitor.get

活動履歴

visitor.getActivity *
visitor.get

資料ダウンロード履歴

visitor.getDocumentdownload *
document.get
visitor.get

Web トラッキング履歴

visitor.getTrackingaccesslog *
visitor.get

Web トラッキングセッション履歴

visitor.getTrackingsession *
visitor.get

割引履歴

visitor.getDiscounthistory *
seminar.getDiscount
visitor.getApplication
visitor.get

  • SMP から取得するデータの絞り込みには API パラメータによる検索条件を指定します。API パラメータは主軸となる API メソッドに対する条件指定となります

Q.「キャンペーン申込」と「サブキャンペーン申込」、「キャンペーン申込」と「キャンペーン申込アンケート」、あるいは、「キャンペーン申込アンケート」と「アンケート履歴」の違いは?

キャンペーン申込」は、キャンペーン型のキャンペーンに対する申込情報を取得するためのオブジェクトです。一方、「サブキャンペーン申込」は、サブキャンペーン型のキャンペーンに対する申込情報を取得します。よって、取得したい申込情報のキャンペーンの型に応じてどちらを利用するか決めます。そもそもサブキャンペーン型キャンペーンを利用していない場合、「サブキャンペーン申込(アンケート)」は不要です。

(サブ)キャンペーン申込アンケート」は、「(サブ)キャンペーン申込」の内容に申込時のアンケート回答内容が追加されたものです。つまり、「(サブ)キャンペーン申込」の上位互換なので、「(サブ)キャンペーン申込」が取得可能な情報はすべて取得可能ですが、申込時のアンケート回答情報を取得する必要がない場合は、「(サブ)キャンペーン申込」を利用するとよいでしょう。

アンケート履歴」は、キャンペーンへの申込情報は取得せず、アンケート回答履歴を取得します。事後アンケート(キャンペーン申込者が回答可能なアンケート)の回答も取得できます。申込に関係なく、アンケート回答情報のみを取得したい場合は、こちらを利用します。

SMP へデータ登録・更新するための連携オブジェクト

SFDC から SMP への登録・更新・削除(キャンセル)を実行する SMP 連携オブジェクト名と、利用する API メソッドの対応は以下のとおりです。(APIメソッド名の記載されていない処理は実行できません)

表 2. 連携オブジェクトとSMP API対応表(SFDC→SMP)
連携オブジェクト名 登録 更新 削除(キャンセル)

リード

visitor.post

visitor.put

-

キャンペーン

seminar.post

seminar.put

-

サブキャンペーン

seminar.postSession

seminar.putSession

-

キャンペーン申込

application.post

-

-

キャンペーン申込キャンセル

-

-

application.delete

サブキャンペーン申込

application.post

-

-

キャンペーン申込アンケート

application.post

-

-

サブキャンペーン申込アンケート

application.post

-

-

キャンペーン来場

visitor.postAttendanceSeminar

-

-

サブキャンペーン来場

visitor.postAttendanceSession

-

-

メール履歴

クリックカウント履歴

アンケート履歴

活動履歴

visitor.postActivity

visitor.putActivity

-

資料ダウンロード履歴

Web トラッキング履歴

Web トラッキングセッション履歴

割引履歴

SFDC からデータ取得・更新するためのオブジェクト

SFDC のオブジェクトには、任意の標準オブジェクトおよびカスタムオブジェクトを指定可能です。
また、 SOQL を記述することで、任意の条件で取得データを絞り込むことができます。詳細は、SMP連携オブジェクトリファレンスを参照ください。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""