スコアリング設定

スコアリング設定が利用できる権限

キャンペーンモード

スコアリング機能は、全キャンペーンでのみ利用可能です。個別キャンペーンモードでは、全ての画面が使用不可となります。
但し、個別キャンペーンのリードもスコアリングの対象となります。

管理者権限

スコアリング機能は、システム管理者とロールが設定されている特権管理者しか利用できません。

スコアリングタブ

SMP管理者用画面にログインし、「スコアリング」タブをクリックします。

image004 1.png
図 1. SMP管理者用画面スコアリングタブ

※タブの内容はお客様環境ごとに異なります。

スコアリング設定メニュー

スコアリング機能を利用するには、「スコアリング設定」メニューで、どういったリードに対してスコアを付与するかというルールを登録する必要があります。

image004 2.png
図 2. スコアリング設定画面
目的 操作

スコアリングルールを新規に登録する場合

上図①「スコアリング設定」メニュー
上図②「新規登録」から登録・編集画面に遷移

スコアリングルールを編集する場合

上図①「スコアリング設定」メニュー
上図③「編集」から登録・編集画面に遷移

スコアリングルールをコピーして新規登録する場合

上図①「スコアリング設定」メニュー
上図③「コピー」から登録・編集画面に遷移

ルールの登録・編集

スコアリング設定画面の「新規登録」ボタンを押すとルールの登録画面になります。この画面でルールの名称、スコアの保存先、条件とスコアの値を設定をして最後に「登録」ボタンを押すことでルールが登録(保存)されます。

image004 3.png
図 3. スコアルール登録画面
項目 説明

上図①:スコアリング基本情報

ルール名の設定や、スコア値やスコア増分値の保存について設定

上図②:ルールブロック(条件設定)

詳細な条件を設定

上図③:ルールブロック(ブロックスコア)

ルールブロックの条件を満たした際に付与されるポイントを設定

上図④:ブロック削除

作成したルールブロックを削除

上図⑤:ブロック追加

ルールブロックを新規追加

上図⑥:登録

スコアルールを登録(編集の保存)

■ ルール
スコアルールは、複数のブロック(後述)から構成されます。スコアルールには名称、スコア値とスコア増分値(後述)の保存先を指定できます。スコアルールは最大30個まで登録できます。

設定項目 設定内容

ルール名称

登録するルールの用途などわかりやすいものを記載してください。

スコア値の保存先

リード基本項目からスコアの値を反映する項目を選びます。設定なし(空白指定)の場合は、スコアの値は反映されません。
※他のルールや別の項目に設定されている項目は、選択肢に表示されません。

スコア増分値の保存先

リード基本項目からスコアの増分値を反映する項目を選びます。設定なし(空白指定)の場合は、スコアの増分値は反映されません。
※他のルールや別の項目に設定されている項目は、選択肢に表示されません。

■ スコア増分値とは
リードに新たにスコア値が付与されたり、スコア値に変動があったりした場合に、1つ前のスコアからどれだけ変動したかを示す値です。

image004 4.png
図 4. スコア増分値の考え方

■ ルールブロック
ルールブロックとは、「スコア値を集計するための条件設定」と「条件を満たした際に付与するポイント設定」の2つの要素で構成されます。
条件設定ブロックではリードの基本項目や追加項目などの属性やキャンペーン申込、ユーザーアクセスログ、個別メール送信履歴などに対応する条件を設定します。
ブロックスコアブロックでは条件を満たした際に付与するスコア値や詳細条件を設定することができます。ブロックスコアはルールブロック単位で設定します。ブロックスコアの合計が全体のスコア値として集計されます。
1つのルールに対してリード条件のブロックを2つ作成するなど、同じ条件のブロックを複数作成することも可能です。

■ 条件
条件は、各リードデータの各項目(ID、名称、更新日時、URLなど)に対する規則です。条件の集合が1つのブロックを形成します。条件間は、AND OR どちらかを指定することができます。

image004 5.png
図 5. ルール、ブロック、条件とスコアの関係

※ポイント
「姓が佐藤」AND「姓が鈴木」のように両方を同時に満たすことができない条件で「すべての条件に一致」設定した場合、ブロックスコアを付与することはできません。

■ ブロックの操作
画面下部の「ブロックの追加」ボタンでブロックを追加できます。ブロックを削除する場合は、各ブロック右上の「このブロックを削除」リンクを押してください。

image004 6.png
図 6. スコアルール登録画面のブロック設定
項目 説明

上図①:項目追加

ブロックに項目を追加

上図②:項目条件

詳細な条件を設定

上図③:AND/OR条件

項目間の関係(AND/OR)を設定

上図④:ブロックスコア

項目条件を満たした際に付与されるブロックスコアを指定

上図⑤:スコアオプション

ブロックスコアを付与する際の点数上限設定などを設定

上図⑥:項目削除

作成した項目条件を削除

上図⑦:ブロック削除

作成したルールブロックを削除

■ スコアオプション

□『スコアを付与するための最低出現回数を設定する』
ポイントが付与されるためのデータの出現回数を設定します。
例:「ユーザーアクセスログ」ブロックにおいて

項目 設定

条件

アクセス日時が今月

ブロックスコア

10

スコアを付与するための最低出現回数を設定する

2

と設定した場合、

  1. 今月1回目のWebアクセス → 最低出現回数を満たさないのでブロックスコアは0点

  2. 今月2回目のWebアクセス → 最低出現回数を満たすのでブロックスコアは+10点

  3. 今月3回目のWebアクセス → 最低出現回数を満たすのでブロックスコアは+10点(計:20点)

となります。

※ポイント
ブロックで「リード」を選択した場合は、このオプションは表示されません。

□『スコアの上限値を設定する』
1つのブロックで付与されるポイントの上限を設定します。
例:「ユーザーアクセスログ」ブロックにおいて

項目 設定

条件

アクセス日時が今月

ブロックスコア

10

スコアの上限値を設定する

18

と設定した場合、

  1. 今月1回目のWebアクセス → +10点(上限に達していない)

  2. 今月2回目のWebアクセス → +10点(合計20点になるが、上限が18点なので18点止まり)

  3. 今月3回目のWebアクセス → +10点(合計30点になるが、上限が18点なので18点止まり)

となります。

なお、詳細オプションは必須ではありません。指定しない場合、出現回数は考慮されず、上限値は無制限となります。

■ ブロック間の関係
スコアルールにおいて、それぞれのルールブロックは独立しており相互に影響を受けません。 複合検索のような 「ブロックA AND ブロックB」といった複数のブロックをまたいだ条件結合はできません ので、ご注意ください。

ルールの詳しい設定例は、スコアリングの利用ケースをご覧ください。

利用できる属性・履歴情報

以下のリードデータをブロックとしてルールに適用できます。

  • リード

  • キャンペーン申込履歴

  • サブキャンペーン申込履歴

  • アンケート

  • 活動履歴

  • キャンペーン来場履歴

  • サブキャンペーン来場履歴

  • 資料ダウンロード履歴

  • 個別メール送信履歴

  • ユーザーアクセスログ

  • クリックカウント履歴

ルール一覧

登録されたルールは一覧表示され、確認、編集、削除、コピー、有効化・無効化といったことができます。

image004 7.png
図 7. スコアリング設定画面のルール一覧

スコア付与リード数

そのルールによってスコアが付与されたリードの総数です。該当リードの一覧へのリンクになっています。
※スコア付与リード数をマウスオーバーするとスコアルールの各ブロックの条件を満たしたリード数を表示します。同じ情報がルール詳細画面でも確認できます。

ルールの確認

ルール一覧の「詳細」ボタンから詳細画面に遷移できます。遷移後は画面上部の「編集」ボタンで編集画面に遷移できます。

ルールの編集

ルール一覧の「編集」ボタンから編集画面に遷移できます。遷移後は画面下の「登録」ボタンで保存できます。

ルールの削除

ルールの一覧の「削除」ボタンから削除画面に遷移できます。遷移後は画面下部の「削除」ボタンで削除できます。

ルールのコピー

ルールの一覧の「コピー」ボタンからコピー画面に遷移できます。遷移後は画面下部の「コピー」ボタンでコピーできます。ルールをコピーすると、コピー元と同じ内容があらかじめ設定されたルール登録画面に遷移します。この際、通知設定もコピーするかどうか選択することができます。

image004 8.png
図 8. ルールコピー画面

ルールの有効化・無効化

ルール一覧の「有効化」列の「ON(OFF)」リンクをクリックすることで該当行のルールの有効化(無効化)ができます。
新規登録またはコピー直後のスコアリングルールの有効化ステータスはOFFとなっています。集計を実行させるためには有効化設定を行ってください。 有効化されているスコアルールのみが集計の対象とすることができます。

手動集計画面

直近で手動集計を実施した際の情報を表示します。 手動集計対象ルール で選択したスコアルールについて表示されます。
※一度も手動集計を実施したことがないルールについては、履歴には何も表示されません。

表示項目 説明

前回実行日時

前回の手動集計の集計開始日時です。

実行結果

手動集計の実行結果です。
完了:全リードに対する手動集計を完了しています。
集計中:スコア値の集計対象リードの抽出を実施しています。
集計完了リード数:スコア値の集計およびリードへの書き込みを実施しています。
停止中:手動集計を実施中に停止ボタンを押した場合に、集計の停止を行っているステータスです。
エラー:スコアリング中にエラーが発生し、中断しました。
※エラーが発生した場合は、シャノンのサポートセンターまでお問い合わせください。

集計対象抽出

スコア値の集計対象リードの抽出がどの程度完了したかを表示します。集計対象抽出が100%に達すると、リードへのスコア反映が開始されます。

集計完了リード数

集計されたスコア値のSMPのリード項目への反映が完了したリード数です。条件を満たさなくなって減算されるリードも含めます。

image004 9.png
図 9. スコア集計中画面
image004 10.png
図 10. スコア値反映中画面

■ ルール詳細でのスコア付与内訳表示
スコア付与リード数の数値にそのルールブロックの条件に一致したリード一覧へのリンクが設置されています。

image004 11.png
図 11. スコア付与リード数

検索結果 ""

    検索結果がありません ""