FAQ

Q: いつスコアは計算されますか?
A.画面でスコア計算を実行した時、または夜間0時から1時の間に実行開始されます。夜間の実行時間はその時のシステムの負荷状態により異なります。

Q: 一回の計算でどれくらい時間がかかりますか?
A.リード5万件、スコア付与リード数1万件程度で、リード項目への反映なしで20分、反映ありの場合は、2時間程度になります。

Table 1. 1回のスコアリングの想定実行時間*(※1)
対象リード件数 スコア付与リード数 スコアリング実行時間(項目反映なし) スコアリング実行時間(項目反映あり(※2))

50,000

10,000

20分

2時間

50,000

50,000(全件)

20分

10時間

100,000

50,000

40分

10時間

100,000

100,000(全件)

40分

20時間

400,000

100,000

2時間40分

20時間

400,000

400,000(全件)

2時間40分

タイムアウトエラー

※1)実際は、関連する履歴数や登録するルール数やそのブロック数により変動します。
※2)初回実行やルール変更時の想定時間です。リード項目への反映はスコアに変動があったもののみ行われるため、同じルールで2回目以降の実行は大幅に短縮されます。

例:初回実行時にスコア付与数50,000件の場合、10時間
  同じルールで翌日実行時にスコア付与数50,100件の場合、20分程度
 (増えた100件しか反映しないため、反映時間はほとんどかからない)

また、システムの込み具合などにより上記より長くかかる場合もあります

Q: 定期実行の時間を指定できますか?
A.指定できません。深夜0時から順次実行されます。

Q: スコアの減算はできますか?
A.ルールの条件に日付の設定やリードの属性を指定した場合は、その条件から外れた場合、スコアが0になります。付与ポイントにマイナスの値をいれることで、意図的に減算することができます。

Q: 複数のスコアルールは設定できますか?
A.最大30まで設定できます。

Q: 登録できるスコアルールの数を増やせますか?
A.できません。

Q: スコアリングの運用を開始した後でのルールの変更はできますか?
A.可能です。スコアは過去分のリードデータを含め最新のルールで再計算されます。ただし、スコア付与対象からはずれたリードは反映先の項目を「0」で上書きされるため、反映に時間がかかる場合があります。

Q: 日付の条件に「今日」「昨日」「2日以内」などとした場合の基準日はいつでしょうか?
A.スコア計算が実行された日時になります。2014.2.1 18:00にスコア計算が実行された場合、「今日」は2014.2.1 00:00 ~ 2014.2.1 18:00、「昨日」は2014.1.31 00:00 ~ 2014.1.31 23:59:59 、「2日以内」は2014.1.31 00:00 ~ 2014.2.1 18:00となります。(未来のデータは取得できないため、夜間00:00の定期実行の場合の「今日」は、実質該当データなしとなります。
そのため、翌日にスコア実行した場合は、日時もずれるためスコア対象になるリードデータもかわっていきます。

Q: スコア計算中にスコア反映先、ルール、通知の設定を変えた場合どうなりますか?
A.実行開始時に全ての設定を読み込んで実行するので、実行中の計算は変更前の情報を使って行われます。次回実行から変更後の情報が適用されます。

Q: スコアの計算中に出力したCSVはどういう状態になりますか?
A.前回の計算結果が出力されます。CSVの内容が段階的に変更されることはありません(全ての計算実行が終わったのち、CSVに反映されます)。

Q: スコアルールに「最低出現回数」を設定した場合、詳細CSVにはどのように出ますか?
A.出現回数を満たすまでの履歴はスコア=0のデータとして出現し、出現回数を超えた履歴は1回につきスコアが付与された状態で出現します。

Q: スコアルールに「上限値」を設定した場合、詳細CSVにはどのように出ますか?
A.上限値を超えるまでの履歴は1回につきスコアが付与され、上限値を超えた履歴からはスコア=0のデータとして出現します。

Q: 通知メールの送信タイミングの「検出時」とはいつですか?
A.手動または定期実行時に、全リードのスコア計算を完了した時です。一致するリードのデータの変更があった時(リードを更新した、リードがURLをクリックしたなど)ではありませんのでご注意ください。

Q: 通知メールの本文の差込み項目の値はいつのものが挿入されますか?
A.スコア計算が終わった時点の最新値です。そのため、同時に複数の通知設定に該当するリードが存在した場合、メールは複数送信されますが、共通する差込み項目(スコア値や一致するブロックなど)の内容は同じものが入ります。

Q: 通知メールが送られてきません
A.以下の理由が考えられます。

  1. 通知メールはスコア更新日時(リードデータの更新日時)が最後のスコア計算日時よりあとの場合のみ送信されます(スコアリング通知設定メニューの「通知メールの送信対象について」をご参照ください)。よって、一回スコアリングを実行した後にスコアルールを変更した場合、新たに付与されたスコア対象者が前回実行日より前の更新データである場合、それらに関する通知は送られません。

  2. 通知設定の「通知条件:ルールのあるブロックに一致した時」に設定されているブロックをルール編集によって削除した場合、通知メールは送信されません。この場合、該当の通知設定画面を開くとワーニングメッセージが表示されます。

Q: スコアの付与されたリードを削除した場合、どうなりますか?
A.スコアリングエンジン上の履歴データ反映までに半日程度かかるため、翌日か翌々日のスコアリング計算によって出力CSVからデータが削除されます。システム自体影響はありません。

Q: スコアの付与されたリードをマージした場合、どうなりますか?
A.マージ先のデータを元にスコアの計算をしなおすので、マージ元の申込に対するスコアなどはマージ先のスコアに加引き継がれ(加算され)ます。氏名などの属性については、マージ先の属性が当てはまらない場合、スコアは引き継がれません。マージ元のスコアは削除と同じ扱いになります。自動マージ、手動マージ有効化でスコアリングを使用しても、システム自体影響はありません。

Q: APIでスコアはひけますか?
A.リード項目に反映されたスコア値とスコア増分値はリード情報取得APIでひくことができます。それ以外のスコアリングの詳細情報については、現状ではお客様向けのAPIはサポートしておりません。

Q: 複合検索でどうやってスコアを検索すればよいですか?
A.スコアの反映先のリード項目を検索条件にすることで可能です。数値型のリード項目を選んだ場合は、範囲検索などが可能になります。

Q: 複合検索との差異を教えてください
A.リードスコアリングとリード複合検索は評価・分析と検索という観点の違いから、条件の指定方法に差異があります。以下がその詳細です。

Table 2. 複合検索とスコアリングの違い
差異 複合検索 スコアリング

文字列項目の文字数による絞りこみ

できない

できる

履歴情報の出現回数の指定(XXXを3回行っているなど)

できない

できる

リード

画像、ファイル型は「アップロードあり/なし」を指定

画像、ファイル型はルールに含めない

申込

「申込」ブロック1つでキャンペーン、サブキャンペーンの情報を指定
キャンセルは除外
同一キャンペーンに申し込んだ数=申込カウントとして指定

「キャンペーン申込情報」と「サブキャンペーン申込情報」別々のブロックで指定
キャンセルも含む
同一キャンペーンの申込毎に指定する「申込数」(チケット数のイメージ)の総和=申込数として指定
同一キャンペーンに複数申し込んだ場合のスコア対象は代表した1つの申込だけになる

申込キャンセル

「申込キャンセル」ブロックを追加

「キャンペーン/サブキャンペーン申込情報」ブロックの項目「申込:ステータス」の「キャンセル」を選択

アンケート

テンプレート、またはキャンペーンの選択ポップアップから該当アンケートの設問を表示

テンプレート、キャンペーン、アンケートの設問を直接指定

来場

「来場」ブロック1つで、キャンペーン来場、サブキャンペーン来場の情報を指定

「キャンペーン来場」と「サブキャンペーン来場」別々のブロックで指定

メール

ウィザード送信履歴の情報

メール送信履歴の情報で、個別送信も含み、複合検索で指定できない項目(開封日時など)も指定可能

トラッキング

URLが初めにクリックされた日時=訪問日時を指定
滞在時間は分指定
訪問日時を検索対象にするので、一定期間過ぎてアクセスログが削除されてしまったリードも検索にHITする

URLがクリックされた都度の日時=アクセス日時を指定
滞在時間は秒指定
アクセス日時を分析対象にするので、一定期間を過ぎてアクセスログが削除されてしまったリードは対象にならない
コンバージョンを指定可能

Q: スコア値とスコア増分値の保存先を利用した場合に、スコアリングの実行件数の結果と複合検索でリード更新日時を検索した場合とで件数が異なるのはなぜですか?
A.処理速度向上と負荷軽減のため、スコア変動があったものまたは、反映先の項目の値をみて、値が異なる場合のみスコア値の保存先、スコア増分地の保存先が更新される仕様になっています。
そのため、処理したリード数≠リードの更新日が更新された人数(後者が少ない)となっていると考えられます。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""