スコアリングの活用

リード検索に活かす

リードの複合検索で、スコア値の反映先、スコア増分値の反映先の項目を選ぶことで、スコアが付与されているリードの検索ができます。

名刺や企業データとの併用

他のSMP機能である、名刺連携(アスデジ)、企業データ連携と併用することで、それらで取得した名刺や企業データをスコアルールとして使うことができます。

例)『従業員数が1万人以上の会社のリードに10ポイント付与する』など

検索結果 ""

    検索結果がありません ""