スコアリングの利用ケース

各リードデータ(ブロック)の設定例

リード

目的:「1万人以上の企業に所属している人にスコアを付与したい」
ブロック:リード
項目名:従業員規模を格納している項目(連携サービスで購入したものなど)
条件:次の値を選択している
値:1万人以上

キャンペーン/サブキャンペーン申込情報

目的:「前日申し込んだ人にスコアを付与したい(2日以上前の申込者はスコアを削除したい)」
ブロック:キャンペーン/サブキャンペーン申込情報
項目名:申込:登録日時
条件:昨日
値:なし
※夜間に定期実行されるので、前日から外れた申込者はスコアが0になり(スコアが減算され)ます。
スコアの減算については、FAQを参照してください

目的:「申込キャンセルをした人のスコアを減算したい」
ブロック:キャンペーン申込情報
項目名:申込:ステータス
条件:次の値を選択している
値:キャンセル
※付与ポイントを-100などにすると減算されます。

割引コード

目的:「あるキャンペーンコードをつかった申込者にスコアを付与したい」
ブロック:割引コード
項目名:キャンペーンコード
条件:次の文字列と一致する
値:0002など

アンケート

目的:「アンケートに一定文字数以上回答している申込者にスコアを付与したい」
ブロック:アンケート
項目名:アンケートテンプレート:[設問B内容]
条件:次の文字数以上
値:100など

活動履歴

目的:「インバウンドコールの電話内容で好印象だった人にスコアを付与したい(内容にある決まったキーワードを書き込む運用を前提)」
ブロック:活動履歴
項目名:種別
条件:次の値を選択している
値:電話
「すべての条件に一致」
項目名:内容
条件:次の文字列を含む
値:好印象

キャンペーン/サブキャンペーン来場

目的:「あるキャンペーンに来場した人にスコアを付与したい」
ブロック:キャンペーン/サブキャンペーン来場情報
項目名:キャンペーン:ID
条件:次の値と一致する
値:4など

資料ダウンロード

目的:「ある資料をダウンロードした人にスコアを付与したい」
ブロック:資料ダウンロード
項目名:資料名
条件:次の文字列と一致する(次の文字列を含む)
値:「新製品資料」など

メール送信履歴

目的:「メールを送信した人で、メールアドレスが特定の顧客企業のものを持つ人にスコアを付与したい」
ブロック:メール送信履歴
項目名:宛先 E-mail アドレス
条件:次の文字列を含む
値:「@shanon.co.jp」など

トラッキング

目的:「あるページを2日以内にクリックした人にスコアを付与したい」
ブロック:トラッキング
項目名:URL
条件:次の文字列を含む
値:「shanon.co.jp/support」など
「すべての条件に一致」
項目名:訪問日時
条件:次の日数以内
値:2など
※夜間に定期実行されるので、条件から外れた申込者はスコアが減算されます。
スコアの減算については、FAQを参照してください

クリックカウント履歴

目的:「メルマガを受信してあるページをクリックした人にスコアを付与したい」
ブロック:クリックカウント履歴
項目名:ターゲットURL
条件:次の文字列を含む
値:「shanon.co.jp/support」など

シナリオベースでの設定例

トラッキング情報と通知機能を使った即時的な営業支援

■ シナリオ
『あるリードが資料URLを3回以上見た場合、翌日にそのキャンペーン担当者がスコア越えリードの通知メールを受信し、SMPで該当リードを詳細を把握し、登録された電話番号やメールアドレスを使って営業できる』

■ 操作フロー

  1. スコアルール設定画面にて以下のルールを設定。

    • ブロックに「トラッキング」を選び、項目に「URL」、条件に「次の文字列と一致する」、値に資料URL

    • 「付与ポイント」に10を設定

    • 「スコアを付与するための最低出現回数を設定する」に3を設定

  2. スコア通知設定の登録画面で以下の通知設定を登録。

    • 通知条件に「スコアが一定以上になった時」を選択、10を指定

    • 宛先に「キャンペーン担当者」を選択

    • 本文に「[% Domain.url %]/multivisitor/view/[% VisitorData.id %]」の入った文面を記述

    • 送信タイミングに「08:00」を指定

  3. 通知メールを受信した時に、メール本文内のリンクをクリックしてリード詳細画面に遷移。

  4. リード詳細画面で情報を確認し電話やメールを送信する。

アンケート結果に基づくセミナー後の営業支援

■ シナリオ
『アンケートのテキスト欄に100文字以上記述しているリードにスコア10をつけるルールを登録し、SMPの複合検索でスコア10のリードを検索し、該当リードにフォローアップメールを送る』

■ 操作フロー

  1. スコアルール設定画面にて以下のルールを設定。

    • ブロックに「アンケート」を選び、項目にテキスト欄の設問名、条件に「次の文字数以上」、値に100を設定

    • 「付与ポイント」に10を設定

  2. スコアリング設定画面の「スコア値の保存先」にスコア用のリード項目を設定。

  3. スコアリング設定画面で「スコアリングの開始」を押す。

  4. スコアリング設定画面の実行結果が「完了」になった後、リードの複合検索に遷移し、②で設定したリード項目が10の条件を指定して、検索。

  5. ヒットした場合、その結果から検索条件を作成し、メールタブのウィザード送信機能などで一斉メール配信。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""