シナリオの作成

本章では、シナリオの作成手順について説明します。
シナリオの作成は、SMP を使わなくても、机上で実施できます。

シナリオの設計

シナリオ機能を利用するときは、最初から直接 SMP の画面上でシナリオを登録するのではなく、あらかじめ机上でシナリオを設計し、作成したシナリオをSMPへ登録することを推奨します。
シナリオを設計するプロセスを挟むことで、登録作業の前にシナリオの妥当性を評価したり、設定の不備や材料の不足などを事前にチェックすることができます。
特に、ステップ数や分岐の多い複雑なシナリオを作るときや、複数のシナリオを連鎖させるときは、先にシナリオを設計しておくことを強く推奨します。

シナリオを設計するためには、シナリオの構造と、作成したシナリオがリードに適用される仕組みについて、あらかじめ十分に理解しておく必要があります。次項をよくお読みになってから、シナリオを設計してください。

シナリオの構造

シナリオを作成するときは、SMP のシナリオの構造について理解しておく必要があります。
シナリオは「始点」「終点」「適用開始条件」「ステップ」の4種類の要素から構成されます。

始点と終点

シナリオには必ず、1つの始点と1つの終点があります。
リードに対するシナリオの適用は、常に始点から始まり、終点への到達によって完了します。
始点および終点は、シナリオに追加したり、シナリオから削除することはできません。

適用開始条件

適用開始条件とは、シナリオを適用開始するリードの選定条件のことです。「そのシナリオを、いつ、どのようなリードに対して適用するか」を定義します。シナリオを稼働させると、シナリオ機能は適用開始条件を満たすリードを自動的に発見し、そのリードに対してシナリオの適用を開始します。
シナリオを登録するには、適用開始条件の設定が必須です。1つのシナリオに対し、設定できる適用開始条件は1つだけです。
適用開始条件には、リード検索を利用した定期処理型 (バッチタイプ) の条件と、リードの行動発生をきっかけとした逐次処理型 (トリガータイプ) の条件があり、利用目的に合わせて2つのタイプを使い分けることができます。
詳しくは 「シナリオの基本設定」および 「適用開始条件」をご覧ください。

ステップ

ステップは、シナリオにおける処理や判断の単位です。1つのステップは、1つの処理または判断に相当します。
ステップは、シナリオの始点と終点の間に配置します。1つのシナリオに複数のステップを登録できます。
シナリオにおける処理や判断の実行順序は、ステップの順序で定義します。ステップは、シナリオの始点から終点に向けて順に実行されます。

ステップはその目的によって、以下の3つのタイプに分類されます。

  • アクション
    処理を実行するステップです。
    メールの送信やリード項目値の更新などを実施できます。

  • トリガー
    リードの行動を観察し、行動の有無に基づき判断を行うステップです。
    メールの開封やWebページへのアクセスなどの行動を観察対象にできます。

  • フィルタ
    リードの属性情報を参照し、条件と比較して判断を行うステップです。
    リードの項目値を参照できます。

また、ステップにはそれぞれの役割ごとに種別が与えられています。
例えば、アクションのステップには「メール送信」「リスト追加」などのステップ種別があります。
ステップを登録するときは、希望する処理内容に合わせてステップのタイプと種別を選択し、種別に応じた様々な条件を設定します。

ステップのうち、トリガーとフィルタでは、ステップでの判断結果によって、次の経路が Yes と No に分岐します。
これを利用すると、複雑な条件分岐を持つシナリオを定義することができます。
詳しくは「ステップの登録」および 「ステップ詳細」をご覧ください。

シナリオ作成時の注意

シナリオを作成する際は、事前に制限事項や注意事項をよくお読みになり、十分気をつけて作成してください。
詳しくは、「制限事項」をご覧ください。

シナリオ適用の仕組み

シナリオを作成するときは、リードに対してシナリオが適用される仕組みについても理解しておく必要があります。本項では、リードに対するシナリオ適用開始から適用完了までの流れについて説明します。

シナリオの適用

シナリオの適用とは、リードに対し、シナリオで定義された処理や判断を順番通りに実行することを指します。
1人のリードに対して、同時に稼働している異なる複数のシナリオを同時並行で適用することができます。
シナリオの適用は、常にリード1名単位で行います。複数のリードに対してシナリオを一度に適用開始した場合でも、シナリオの適用はすべて1名単位となります。

SMPのシナリオ機能では、1人のリードに対して1つのシナリオを適用できる回数を「1回限り」と「無制限」の2つから選択することができます。
通常のシナリオを作成するときは、「繰り返し適用不可」に設定します。このシナリオは、1人のリードに対して1回限り適用可能となります。
オートメーション用途のように、同じリードに対して同じ処理を何度も適用するような場合は、「繰り返し適用可」に設定します。このシナリオは、同じリードに何度でも適用可能となります。

シナリオの適用開始

リードが、稼働中のシナリオの適用開始条件を満たすと、そのリードに対してシナリオの適用が開始されます。
シナリオの適用開始は、設定した適用開始条件に基づき、自動的に行われます。原則として、手動で適用開始することはできません。

但し、リードが適用開始条件を満たした場合でも、以下のいずれかに該当する場合は、シナリオは適用開始されません。

  • 同じリードに対して、同じシナリオが現在適用中の場合
    同一のシナリオを、同一のリードに対して同時に複数適用することはできません。
    リードがシナリオの終点に到達し、シナリオの適用が完了している場合は、シナリオの設定によっては繰り返し適用できることがあります。

  • 同じリードに対して同じシナリオが適用済みで、かつそのシナリオが「繰り返し適用不可」設定の場合
    繰り返し適用不可のシナリオは、1人のリードに対して1回限りの適用となります。
    2回目以降は適用開始されません。

ステップの実行

リードに対してシナリオの適用を開始すると、リードはシナリオ上を始点から終点に向けて移動していきます。
シナリオは始点から終点に向けた一方通行であり、戻ることはありません。
リードがステップに到達すると、まず各ステップに設定された待機日数に従って待機を行います。
待機期間が終了すると、そのステップの処理を実行します。処理が完了すると、次のステップに移動します。トリガーとフィルタでは、処理結果に基づいて Yes / No の経路を選択し、次のステップに移動します。
シナリオを適用したリードは、この「待機→処理→移動」を繰り返し、最終的にシナリオの終点に到達します。

シナリオの適用完了

リードがシナリオの終点に到達すると、シナリオの適用が完了します。
リードに対するシナリオの適用中止を行わない限り、シナリオを適用したリードは必ず終点に到達します。

シナリオの適用中止

シナリオを適用中のリードに対し、強制的にシナリオの適用を中止することができます。
シナリオの適用を中止するには、「別シナリオ適用中止」アクションを使用します。
中止したシナリオ適用を再開することはできません。
中止されたシナリオ適用は、シナリオの集計値の「適用完了」には含まれません。

また、以下のいずれかの事象を検知した場合も、シナリオの適用を中止します。

  • シナリオを適用中のリードが削除されたとき

  • シナリオを適用中のリードが、マージの対象 (被マージ側) となったとき

シナリオ適用中の稼働停止と再稼働

シナリオを適用中に、シナリオの稼働を停止した場合、シナリオ内のステップの実行がすべて停止します。
このとき、シナリオを適用中だったリードは、シナリオが稼働を停止した時点のステップに残ります。
稼働を停止したシナリオを再稼働させると、稼働停止時点のステップからシナリオの適用が再開されます。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""