概要

シナリオ機能とは

SHANON MARKETING PLATFORM のシナリオ機能とは、SHANON MARKETING PLATFORM (以下、SMP) に登録されているリードに対し、あらかじめ定めた条件や手順に基づき、一連の処理を自動的に実行する機能です。リードの行動やリードの属性情報に基づき、途中で処理を分岐させることもできます。
シナリオ機能は、定期的な作業の自動化や、コミュニケーションシナリオに沿ったリードナーチャリングの実施など、様々な用途でご利用いただけます。

シナリオ機能でできること

シナリオ機能を利用すると、SMP上で以下のようなことを実現できます。

シナリオに基づく自動処理

  • あらかじめ作成した手順 (シナリオ) に従い、SMP 上で様々な処理を実行することができます。

  • あらかじめ定めた条件を満たしたリードに対して、シナリオを自動的に適用開始します。
    シナリオ適用開始の判断は、リード検索を利用した定期処理と、リードの行動発生をきっかけとした逐次処理の両方に対応しています。

複雑で高度なシナリオの作成

  • 複数の処理単位 (ステップ) を順番に並べて、シナリオを作成できます。

  • シナリオの途中で、リードの行動やリードの属性情報に基づく判断を行い、シナリオを分岐できます。

  • シナリオとシナリオを連鎖させることができます。

シナリオ適用結果の表示

  • シナリオの適用結果を集計値で確認したり、シナリオを適用したリード一覧を参照することができます。

シナリオ機能の基本的な仕組み

シナリオ機能をご利用いただく前に、最低限知っていただきたい基本的な仕組みについて説明します。

シナリオ

シナリオとは、実行する処理や判断の順序や条件、タイミングなどを定義したものです。
シナリオ機能は、このシナリオに基づき、すべての処理を実行します。

シナリオの構成

シナリオは、以下の4種類の要素から構成されています。

  • 始点 :シナリオの適用を開始する地点

  • 終点 :シナリオの適用を完了する地点

  • 適用開始条件 :シナリオを適用開始するリードを選定するための条件

  • ステップ :シナリオ内における処理や判断を表す単位

シナリオを作成するときは、これらの要素に様々な設定を行ったうえで、処理の順序に従って連結します。
シナリオ内の要素の順序と、要素間のつながりは、以下のような図形で表現されます。

image8.png
図 1. 図形によるシナリオの表現

詳しくは 「シナリオの構造」をご覧ください。

シナリオの登録

シナリオの登録とは、作成したシナリオを SMPに登録することを指します。
シナリオの作成は机上で行うこともできますが、シナリオの登録作業にはSMPのシナリオエディタを使用します。
詳しくは 「シナリオの登録」をご覧ください。

シナリオの稼働

シナリオの稼働とは、登録したシナリオに基づき、自動処理が働く状態にすることを指します。
シナリオを稼働させると、シナリオの適用開始条件に基づく適用開始処理と、シナリオ内の各ステップの処理が働くようになります。
詳しくは 「シナリオの稼働」をご覧ください。

シナリオの適用

シナリオの適用とは、リードに対し、シナリオで定義された処理や判断を順番通りに実行することを指します。
シナリオ機能は、稼働中のシナリオに定義された適用開始条件を満たすリードを自動的に発見し、そのリードに対してシナリオの適用を開始します。
シナリオの適用が始まったリードは、シナリオ上を始点から終点に向けてステップを順番に遷移し、それぞれのステップで定義された処理を実行します。リードが終点に到達すると、シナリオの適用が完了します。 詳しくは「シナリオ適用の仕組み」をご覧ください。

シナリオ機能のご利用の流れ

シナリオ機能をご利用いただく際の大まかな流れは、以下の通りです。

機能の有効化

最初に、シナリオ機能を有効化する作業が必要です。弊社の営業担当者までお問い合わせください。

シナリオの作成

自動化したい処理の流れを整理し、机上でシナリオを組み立てます。 特に、大規模なコミュニケーションシナリオを実行したい場合は、カスタマージャーニーマップを作成し、その結果を基にシナリオへ落とし込む作業を行います。 シナリオが出来上がったら、シナリオで使用するメールテンプレートやWebページなどのコンテンツを制作します。

シナリオの登録

シナリオエディタを利用して、作成したシナリオをSMPに登録します。 シナリオで使用するコンテンツは、メールテンプレートやWebフォームとして、あらかじめSMPに登録しておきます。また、キャンペーンやリスト、リードの検索条件など、シナリオで使用するコンテンツ以外の様々な材料も、あらかじめSMPに登録しておきます。

シナリオの稼働

登録したシナリオを稼働させ、リードに対するシナリオの適用を開始します。 シナリオの稼働開始後は、シナリオ一覧画面やシナリオエディタから、シナリオの適用状況を確認できます。 シナリオにステップを追加したり、ステップの設定を変更するなどして、シナリオを改善することもできます。

シナリオ機能をご利用いただく前の注意事項

シナリオ機能をご利用いただく前に、注意していただきたい事項は以下の通りです。

  • シナリオ機能をご利用いただけるのは、特権管理者のみです。

  • シナリオ機能では、リードに対するシナリオの適用開始やトリガーの検知、次のステップへの移動といった各種処理を、1件ずつ逐次実行します。
    このため、短時間に大量の処理が集中するとシステムが一時的に混雑し、処理が遅延する可能性があります。
    処理の遅延が許されない用途へのご利用はお控えください。

  • 同時に稼働できるシナリオ数や、一度に適用開始できるリード数など、いくつかの制限があります。
    また、特定の条件下ではシナリオ機能をご利用いただけない場合や、予期せぬ不具合が発生する場合があります。詳しくは 「制限事項」をご覧ください。

  • シナリオエディタをより快適にお使いいただくために、解像度の高い大画面のディスプレイでのご利用を推奨します。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""