機能説明

複合検索のブロックとしてゴールを使う

ゴールを有効化すると、複合検索の検索対象ブロックで「ゴール」が選べるようになります。
(ただし全キャンペーンのみ)

image14.png
図 1. 検索対象ブロックから「ゴール」を選んで「追加」ボタンをクリックしたところ

「ゴールID」「ゴール名」「メモ」「到達日時」を指定したリードの検索が可能です。

image06.png
図 2. ゴール検索対象ブロックの条件を設定しているところ

検索で利用した条件は検索結果の画面に表示されます。

image13.png
図 3. 利用した条件が検索結果に表示されているところ

この状態で「検索条件を保存」をクリックすると条件を保存することができます。
保存後は他の検索条件と同様にご利用いただけます。

複合検索の検索方法については以下のマニュアルを参照してください。
https://support.shanon.co.jp/downloadDocument/crossobjectsearch.pdf

メール送信ウィザードの送信検索条件としてゴールを使う

[複合検索のブロックとしてゴールを使う] で保存した検索条件は、メール送信ウィザードでご利用いただけます。

image10.png
図 4. メール送信ウィザードでゴールを含んだ検索条件を利用しているところ

検索結果 ""

    検索結果がありません ""