利用方法

ゴールをご利用いただくにはゴールの作成が必要です。

ゴールタブ

ゴールの設定が有効になると、[ゴール]タブが表示されるようになります。
(ただし全キャンペーンのみ)

image11.png
図 1. 「ゴール」タブ

ゴールの登録

初期状態では[ゴール]タブをクリックするとゴール新規作成メニュー画面が表示されます。メニュー画面で作成したいゴールを選び、各作成画面からゴールを登録します。
ゴールが1件以上登録されている状態で、[ゴール]タブをクリックするとゴール一覧が表示されます。ゴールを登録したい場合は、「新規作成」をクリックしてゴール新規作成メニュー画面から登録を行ってください。

image00.png
図 2. 「ゴール」新規作成メニュー画面
表 1. ゴールの種類
項目 内容

商談をゴールとして設定する

「商談ステータス」に相当する項目が活動履歴またはリードの追加項目に設置されていることを前提とし、対象の項目が「商談」のステータスに登録・変更されたリードがゴール到達者として登録されます。

資料請求をゴールとして設定する

資料請求や問い合わせとして設定されているキャンペーンの申込があったリードがゴール到達者として登録されます。

リード獲得をゴールとして設定する

新規登録されたリードがゴール到達者として登録されます。

その他詳細をゴールとして設定する

ゴール到達者として判定するリードの詳細な条件を設定できます。

「商談をゴールとして設定する」

新規作成メニュー画面で「商談をゴールとして設定する」をクリックすると商談のゴール新規作成画面が表示されます。各項目を入力して「登録」ボタンをクリックするとゴールを作成できます。

image09.png
図 3. 「ゴール」商談のゴール登録画面
表 2. 商談のゴール登録方法
項目 内容

1.ゴール種別を選択する

ゴール名

ゴール名を記入してください。

メモ

ゴールの用途など、メモとして自由にお使いいただけます。

2.ゴール到達リードの条件を設定する

到達リードの条件

ゴール到達判定に使う条件を設定します。

3.月間目標リード数を設定する

月間目標リード数

月ごとのゴール到達目標リード数を記入します。目標リード数は毎月〇人といった固定の人数と、月ごとのカスタムの人数、どちらかを選んで登録することが可能です。

「資料請求をゴールとして設定する」

新規作成メニュー画面で「資料請求をゴールとして設定する」をクリックすると資料請求のゴール新規作成画面が表示されます。各項目を入力して「登録」ボタンをクリックするとゴールを作成できます。

image15.png
図 4. 「ゴール」資料請求のゴール登録画面
表 3. 資料請求のゴール登録方法
項目 内容

1.ゴール種別を選択する

ゴール名

ゴール名を記入してください。

メモ

ゴールの用途など、メモとして自由にお使いいただけます。

2.ゴール到達リードの条件を設定する

到達リードの条件

ゴール到達判定に使う条件を設定します。

3.月間目標リード数を設定する

月間目標リード数

月ごとのゴール到達目標リード数を記入します。目標リード数は毎月〇人といった固定の人数と、月ごとのカスタムの人数、どちらかを選んで登録することが可能です。

「リード獲得をゴールとして設定する」

新規作成メニュー画面で「リード獲得をゴールとして設定する」をクリックするとリード獲得のゴール新規作成画面が表示されます。各項目を入力して「登録」ボタンをクリックするとゴールを作成できます。

image03.png
図 5. 「ゴール」リード獲得のゴール登録画面
表 4. リード獲得のゴール登録方法
項目 内容

1.ゴール種別を選択する

ゴール名

ゴール名を記入してください。

メモ

ゴールの用途など、メモとして自由にお使いいただけます。

2.ゴール到達リードの条件を設定する

(設定なし)

3.月間目標リード数を設定する

月間目標リード数

月ごとのゴール到達目標リード数を記入します。目標リード数は毎月〇人といった固定の人数と、月ごとのカスタムの人数、どちらかを選んで登録することが可能です。

「その他詳細をゴールとして設定する」

新規作成メニュー画面で「その他詳細をゴールとして設定する」をクリックするとその他詳細のゴール新規作成画面が表示されます。各項目を入力して「登録」ボタンをクリックするとゴールを作成できます。

image12.png
図 6. 「ゴール」その他詳細のゴール登録画面
表 5. その他詳細のゴール登録方法
項目 内容

1.ゴール種別を選択する

ゴール名

ゴール名を記入してください。

メモ

ゴールの用途など、メモとして自由にお使いいただけます。

2.ゴール到達リードの条件を設定する

到達リードの条件

ゴール到達判定に使う条件を設定します。

3.月間目標リード数を設定する

月間目標リード数

月ごとのゴール到達目標リード数を記入します。目標リード数は毎月〇人といった固定の人数と、月ごとのカスタムの人数、どちらかを選んで登録することが可能です。

リードのゴール到達

作成直後のゴールにはリードが登録されていません。リードの属性変更・行動を収集し、ゴール条件にあてはまるリードかどうか判定され、条件に合致する場合、該当のゴールに自動的に登録されます。

リードがどのゴールに到達しているかは、リード詳細のゴール到達履歴から確認できます。

image04.png
図 7. 「リード」詳細画面

ゴール判定における監視対象のリードの属性変更・行動

システムでは登録されたゴールの条件に関連するリードの属性変更・行動を監視し、検知するとゴール判定が行われます。以下の表のとおり、ゴール条件に設定された内容によって監視対象は異なります。

表 6. ゴール条件となる属性変更・行動
ゴール条件に利用できるリードデータ 監視対象のリードの属性変更・行動

リード(属性情報)

リードの登録・更新

キャンペーン申込情報

リードのキャンペーン申込

サブキャンペーン申込情報

リードのサブキャンペーン申込

活動履歴

活動履歴の登録・更新

image17.png
図 8. ゴール一覧(「実績/目標」の「実績」にゴール登録リード件数が表示されているところ)

ゴール一覧にある「実績/目標」の数字をクリックすると、登録されたリードの一覧が表示されます。

image08.png
図 9. ゴールに登録されたリードの一覧を表示したところ

ゴールに登録されたリードの一覧が表示された状態で、さらに検索をすることもできます。

ゴール到達履歴の利用

ゴール到達履歴は以下の機能で使うことができます。

  • 複合検索(検索対象ブロックとして)

  • メール送信ウィザード(送信対象の検索条件として)

たとえば、ゴールに到達していないリードをメール送信対象の検索条件とすることで、ターゲットリストを効果的に絞り込むといった使い方が可能です。

予実管理レポート

ゴール一覧から予実管理レポートの「表示」をクリックするとゴールごとの予実管理レポートを確認することができます。ダッシュボード機能の詳細については「分析レポート機能ユーザマニュアル」を参照ください。

image16.png
図 10. 予実管理レポートの一部
  • デフォルトで当月の予実状況を表示します

  • 上部のタブで、「日次ゴール実績」と「月次ゴール実績」の表示を切り替えることができます

    • デフォルトは日次ゴール実績を表示しています

    • 月次ゴール実績を表示すると、月ごとの予実を1年分表示します

  • 予想は、現時点の実績獲得ペースから算出した、月末時点の実績予想数を表示しています。

注意:

  • 予実管理レポート(ダッシュボード)への実績の反映は、1日に1回のバッチ処理で実行されます。ゴール一覧で実績はほぼリアルタイムで増えますが、レポート上への反映は基本的に翌日になります

ゴールの編集

ゴール一覧から「編集」をクリックするとゴールを編集することができます。
「商談」「資料請求」「リード獲得」のゴールを作成後、ゴール条件を追加したい場合は、編集画面より詳細な条件を追加することが可能です。

ゴールの削除

ゴール一覧から「削除」をクリックするとゴールを削除することができます。ゴールが削除されると、リード詳細のゴール到達履歴から削除されたゴールの履歴が削除されます。

ゴールの有効・無効切り替え

ゴール一覧の「有効」欄をクリックすると「ON」「OFF」が切り替わります。OFFに設定されている期間、そのゴールの条件に一致するリードデータが発生しても実績としてカウントされません。再度 ON にすると、実績のカウントが再開されます。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""