連番設定

連番設定機能は、リードCODE、請求CODEのフォーマットを自由に作成することができる機能です。
キャンペーン設定の受講票バーコードID設定でリードCODE、リードCODE(全キャンペーン共通)を選択した場合は、リードCODEを受講票IDとして使用することができます。

但し、受講票IDとして使用する場合は、いくつか制限事項があります。下記をご参照ください。

連番設定で使用可能な文字 連番設定での桁数 受講票のバーコード種類 受講票での制限

英大文字、英小文字、数字と記号の-$/.%

制限なし

QRコード

連番設定に従って発行されたリードCODEの桁数が20桁を超えた場合、受講票のQRコードは表示されず、QRコードという文字が表示されます。

英大文字、英小文字、数字と記号の-$/.%

制限なし

Code39

連番設定に英小文字が含まれていた場合、受講票のバーコードは表示されずバーコードという文字が表示されます。

上記の%以外の文字

制限なし

NW7

※通常NW7では:文字とスペースが、Code39ではスペースがバーコードとして使用可能ですが、SMPでは使用できません。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""