リードとの関連付け

手動関連付け

一件ずつ関連付ける

「リード」タブを選択し、「詳細」リンクをクリックして「関連付けの設定」ボタンを押すと、リードを企業に関連付けられます。

fig1.png
図 1. 関連付けの設定(リード詳細)

 
 

fig2.png
図 2. 関連付け

 
 

表 1. 一件ずつ関連付ける
項目名 説明

右で選択する企業に関連付ける

選択ボタンを押すと、企業の一覧が表示されます。選択すると、選択した企業とリードが関連付けられます。

企業との関連付けを解除する

選択したリードの関連付けを解除します。

一括で関連付ける

「リード」タブを選択し、リード一覧で複数のリードを選択して「企業との関連付け」ボタンを押すと、複数のリードを一度に企業に関連付けられます。

fig3.png
図 3. 企業との関連付け(リード一覧)

 
 

fig4.png
図 4. 一括関連付け

 
 

表 2. 一括で関連付ける
項目名 説明

右で選択する企業に関連付ける

選択ボタンを押すと、企業の一覧が表示されます。選択すると、選択した企業とリードが関連付けられます。

システムが推奨する企業に自動で関連付ける

選択すると、リードを複数の企業に適切に関連付けます。設定の詳細は 自動関連付け をご覧ください。

企業との関連付けを解除する

選択したリードの関連付けを解除します。

自動関連付け

「企業」タブを選択し、「関連付け設定」リンクをクリックするとリードの自動関連付けを設定できます。

fig5.png
図 5. 関連付け設定

 
 

関連付け設定

表 3. 一括で関連付ける
項目名 説明

リードを新規作成した場合

・なにもしない
・企業へ自動で関連付けを行う

リード項目の「会社名」を更新した場合

・なにもしない
・企業との関連付けの解除のみ行う
・企業との関連付けの解除後に再度、自動関連付けを行う

関連付けで利用する項目

・会社名
・メールアドレスのドメイン
・住所
・[ ]個以上一致したらリードと企業を関連付ける

リードを関連付ける「企業」がない場合

・なにもしない
・リードから企業を自動作成してから関連付ける

関連付け設定のポイント

  • 関連付けで利用する項目を多くすると、企業との関連付けの条件が厳しくなるため、精度の高いデータを関連付けることができます。まずは厳しめの設定で試してみて、保有リードの情報量に応じて項目数を加減することをお勧めします。

  • 関連付かなかったリードをクレンジングすることで、関連付けの精度を高めることができます。

  • リード情報の編集は、会社名を変更するまで関連付けの対象になりません。住所やメールアドレスを整備してから会社名を更新することで、不要不急の関連付け処理を抑制することができます。

  • 関連付けが解除されたリードを知るには、複合検索を行います。詳細は リードの複合検索 をご覧ください。

リード情報のマッチング

自動での関連付けは次の略図のようなステップで行われます。

assoc.png
図 6. マッチング略図

 
 

マッチングのステップ

リード情報の正規化

マッチング精度向上のため、リード情報の表記ゆれは正規化してからマッチングされます。

表 4. マッチング項目の正規化
項目 正規化

会社名

「株式会社」「(株)」等の表記の揺れを統一します。

住所

番地等詳細な表記を統一します。

メールアドレス

ドメイン部分(@より右)について、ドメインから会社情報を抽出します。

マッチング

正規化されたリード情報をもとに、既存の企業情報とマッチングを試行します。マッチングの条件は関連付け設定によります。

  • マッチした場合
    リードとの関連付けが作成されます。

  • マッチしなかった場合
    設定により、企業を新規に作成してその企業に関連付けることができます。

メモ

  • 正規化はマッチングのみに用い、オリジナルのデータを変更するものではありません。

  • 会社名が存在しないリード情報からは企業オブジェクトを作成しません。このため、会社名をもたないリードが企業と自動で関連付けられることはありません。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""