概要

企業管理機能とは

SHANON MARKETING PLATFORM (以下、SMP) の企業管理機能とは、マーケティング活動の対象となる企業の属性を管理する機能です。 企業を登録するとリードの属性(会社名、住所、メールアドレス)から所属する企業を推測して、企業にリードを自動で関連付けられるようになります。 これによりリードの履歴情報も企業に結びつけられるため、企業視点でリードとその履歴を俯瞰できるようになります。

image1.png
図 1. マーケティング活動の対象となる企業の属性を管理する

 
 

企業管理機能でできること

  1. リードを企業へ自動名寄せ

    • 名寄せされていないことによって、重複リードに対する無駄な施策やマーケティング費用の増大などの問題が発生します。日本語の表記揺れにも対応した高精度の自動名寄せ機能によって、膨大な名寄せ作業を削減し、施策効率の向上を実現します。

  2. 企業属性を絞込条件にしたターゲットセグメンテーション

    • 業種や売上、企業規模といった企業の属性項目でセグメントを絞り込むことが可能です。また、項目はカスタマイズすることが可能です。

  3. 企業毎の関係者のつながりや動向を分かりやすく提示

    • 企業毎に関連するリードがリンクされて一覧表示されます。

    • 企業毎に関連する各種履歴が一覧表示されます。

主なユースケース

表 1. 主なユースケース
ユースケース 課題 企業管理機能ができること

企業にリードを簡単に名寄せする。

名寄せされていないと無駄な作業が増大する。

精度の高い名寄せを自動で行える。

企業属性で「セグメント分け」する。

取引対象として望ましい企業にリーチできない。

企業属性によってターゲットを絞り込める。

「新規取引先」を開拓する。

取引を開始した企業をマーケティング対象から取り除くような属性を追加できない。

企業の属性項目をカスタマイズできる。

ターゲット企業の「人」の関係性を知る。

いろんな部署の担当者と話をしてもキーマンが分からない。

企業内の関係者(リード)のつながりを概観できる。

企業単位の「動き」を見る。

接触があるのは企業に動きがあるはずなのに背景が分からない。

企業全体の動向(履歴)を概観できる。

企業管理機能の主な構成

企業オブジェクト

企業オブジェクトには主に3つの要素で構成されています。

  • 基本項目
    企業オブジェクトに標準で備わっている項目です。項目の一部はリードとのマッチングに利用されます。
    項目の詳細は企業の 基本項目 をご覧ください。

  • 追加項目
    基本項目にない属性を追加することができます。
    項目の詳細は企業の 追加項目 をご覧ください。

  • リードとの関連
    マッチングしたリードとの関連を保持するものです。
    関連付けの詳細は リードとの関連付け をご覧ください。

複合検索

詳細は リードの複合検索 をご覧ください。

CSVアップロード/ダウンロード

詳細は 一括登録CSVダウンロード をご覧ください。

API

詳細は API をご覧ください。

企業管理機能のご利用の流れ

企業管理機能をご利用いただく際の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 機能の有効化
    企業管理機能はSMPのオプション機能です。弊社営業担当までお問い合わせください。

  2. 企業オブジェクトの設計
    企業には会社名や住所等、基本的な項目があらかじめ定義されていますが、自社の企業マスタに合わせて追加の項目を定義することができます。項目を追加することで自社のマスタが持つ豊富な属性を活用できるようになります。

  3. 企業マスタの登録
    企業は自動関連付けにより作成できますが、自社の企業マスタを登録することもできます。自社の企業マスタを登録することで既存のデータ資産を活かした分析が可能になります。

  4. 自動関連付け方法の設定
    自動関連付けの設定を行うことで、リードを企業へ自動で関連付けることができるようになります。自動関連付けの設定では、関連付けに利用する項目やそれらがいくつ適合したら関連付けるかなどを決めることができます。この設定は保有リードのデータ精度や企業マスタの充実度によって適切な設定を行う必要があります。

検索結果 ""

    検索結果がありません ""